スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕の塗り絵、歌、お話、動画



たなばたさま

動画
たなばたさま

おはなし
七夕のお話~福娘童話集

工作
風車
風鈴
団扇
折り紙で七夕飾り
七夕の塗り絵

食べ物
みたらし団子?そうめん?

あそび
さるのこしかけ
たなばたのかみさんが


飾り
きゅうり、なすび


 拙ブログを読んでくださって、ありがとうございます。応援クリックもポチっと、どうぞよろしくお願いします。    

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へFC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログ

七夕に関する絵本

たなばた(こどものとも絵本)たなばた(こどものとも絵本)
(1977/04/01)
君島 久子、初山 滋 他

商品詳細を見る


たなばたものがたり (行事の由来えほん)たなばたものがたり (行事の由来えほん)
(2001/05)
舟崎 克彦

商品詳細を見る


なぜ、七夕にささかざりをするの? (なぜ?どうして?たのしい行事 (たなばた))なぜ、七夕にささかざりをするの? (なぜ?どうして?たのしい行事 (たなばた))
(2001/09/01)
若山 甲介

商品詳細を見る


じゃぶじゃぶ紙芝居シリーズ 90じゃぶじゃぶ紙芝居シリーズ 90
(2007/03/01)
桑原 朱里

商品詳細を見る


ねがいぼしかなえぼし (えほんのマーチ)ねがいぼしかなえぼし (えほんのマーチ)
(2004/05)
内田 麟太郎

商品詳細を見る


孤児(みなしご)になった、字の書けない狐の子のちょっぴり切ないお話。
きつねのたなばたさま (ワンダーおはなし絵本)きつねのたなばたさま (ワンダーおはなし絵本)
(2003/05)
正岡 慧子

商品詳細を見る


 自分に欲し名と思っている本がこれ。
おりがみ自遊帖 五節句を折る―ひなまつり・端午の節句・七夕まつり・重陽の節句・お正月おりがみ自遊帖 五節句を折る―ひなまつり・端午の節句・七夕まつり・重陽の節句・お正月
(2007/05)
小林 一夫

商品詳細を見る


 7月7日は、五節句(七草の節句、桃の節句、端午の節句、七夕の節句、菊の節句)のひとつ「七夕の節句」でした。昔は旧暦でしましたから、本来は約一か月遅れの8月7日前後になります。(今年は8月26日)つまり梅雨明けし、立秋を迎えた秋の空での行事です。この頃は天気も良く、星まつりにふさわしい時期です。
 「七夕の節句の前日は雨が降る。これは、彦星が織姫星を迎えに行く牛車を洗うため」という話もあるそうです。現在は、新暦で七夕の節句を行うため、梅雨の真っ最中ですから「雨が降る」という話を聞いてもあまり驚きませんが旧暦で行えば、秋晴れの中で行われるわけですから、「前日の雨」は意味深いものになってきます。
今年はどうでしょうか。
 もともと「節句」という行事は、中国の「陰陽五行説」から生まれているので、この七夕の節句も中国の風習の要素が残っています。中国では七夕の節句が、「織姫と彦星の伝説」や「星まつり」と結びついていて、節句には、織姫にあやかりたいと、織物や針仕事、歌舞音曲、詩歌、書の上達を願います。
 それが日本に伝わり、江戸時代ごろから、竹を立てて短冊に願い事を書く、ということに変わっていきました。
 また日本では、七夕の節句を、畑の作物の収穫祭(麦、きゅうり、なす、みょうがなど)として行っていた時代もあり、七夕の節句は農業の神に感謝する行事でもありました。

  ♪ たなばたの かみさんが たなからおちて はいもぐれ ♪

  ♪ たんじ たんじ たなばた また らいねん ござれ ♪

などわらべうたにも、七夕の神様を唄った唄があります。
 七夕の神様の乗り物として、わらやキュウリ、なすで作った馬や牛を備えたりしていましたが、これは後に、お盆の先祖の霊をお送りする乗り物へと変化していきます。
 旧暦の七夕はこれからですので、このようなことも思いながら、秋の空に見える星を見ながらお祭りをしてみるのも良いかもしれません。
 今は長い竹に飾りをつけたり、短冊をつけたりしますが、この行事が始まった頃は笹竹につけていたそうです。
 
こちらから拝借いたしました。


「たなばたのかみさんが」

たなばたのかみさんが 

たなからおちて はいもぐれ

うりやなすびが きげんとる

※かみさん=神さま。「はいもぐれ」とは灰にまみれたという意味。

 七夕といえば織姫と彦星。この七夕は6世紀頃の中国でのお話が基となっているそうです。古来中国では7月7日に魔よけの行事を行っており、これが織姫と彦星の話と結びつき、七夕の行事となりました。

 日本伝わったのは平安時代で、宮中行事の一つとして行われていました。祭壇には「うり、なすび、桃、梨、酒盃<さかずき>、大角豆<ささげ>、蘭花豆<らんかず>蒸しあわび、鯛」がそれぞれ盛られて並びます。

★遊び方★

 円になり、中心に七夕の神さまを一人おきます。

「たなばたの~たなからおちて」で円の人は右に回ります。(神さまは好きなポーズをしましょう)

「はいもぐれ」で円の人も神さまもその場にしゃがみます。

もう一度「たなばたの~」歌い、今度は左に回ります。「はいもぐれ」の部分は同じです。

「うりやなすび~」では両手でお皿の形を作り、お供え物とします。(中心にいる神さまのご機嫌をとりましょう)

 神さまは気に入ったお供え物のところで交代して下さいね。

++参考文献++

●日本わらべ歌全集19上 広島のわらべ歌/友久武文・原田宏司著

以上、わらべうた紹介から拝借いしました。

たなばたのかみさんが(七夕の神様が)
たなからおちて(棚から落ちて)
はいもぐれ(灰まみれ)
うりやなすびできげんとる(瓜や茄子で機嫌とる)


「はい、潜れ」だと意味がわかりませんが、灰まみれだったら好きな食べ物で機嫌を取ったで
納得いきますよね。
「ナスやきゅうりが」も「ナスやきゅうりで」なら意味がつながります。
 最後の歌詞は「なすやきゅうり」は上記のように「うりやなすび」という歌詞で唄われているところも
あります。
 なぜうりやなすびなのかは、七夕の行事は平安時代に中国から伝わった乞巧奠(きっこうでん)というものが元のようで、「星の座」という祭壇が設けられ、そこに瓜・茄子・桃・梨・空の杯・大角豆・蘭花豆・蒸しアワビ・鯛が供えられるそうです。
 いずれも二組そろえられ、それぞれが、牽牛(彦星)と織女(織姫)への供え物となります。
 子供達は最後の歌詞を自分のすきな食べ物に替えて唄って遊ぶこともあるようです。

 こちらから拝借いたしました。

 歌はこちらから拝借します。

 小学3年生、9人とあそびました。輪になって手をつないで歩き「うりや・・」からはひとりが先頭になり、「・・・きげんとる!」で一人ずつ後につながるように増えて小走り。9人全員がつながったら終わり。「おもしろい!」の声があがり、鬼(先頭になる子)を交代して数回くりかえしました。
 今年も7月7日は雨。七夕はお盆の始まりの日とか。結婚してから家では、きゅうりと茄子に爪楊枝で足をつけて仏壇にかざります。教えてくれた亡くなったおばあちゃんは太ってたからきゅうりに乗っても大丈夫かなとおもいながら・・・・。他の遊び方も拝借しました。

七夕飾り

七夕について


 拙ブログを読んでくださって、ありがとうございます。応援クリックもポチっと、どうぞよろしくお願いします。    

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へFC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/726-c11c240b
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。