スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字と作文について


 作文と、漢字の勉強について、質問のお便りをいただいたので、我が家での一例として、稚拙ながら思いついたまま書きとめておきます。ご参考になれば嬉しいのですが。

 作文は先輩のお母さんにうかがってからは、七田式の5感作文というのを参考にしました。

 作文は、子供達と話していると、面白いことをたくさん言ってくれるので、「それそれ、それを書いたら面白いよ~」と乗せました。
 このブログも子供の心理作戦に大いに利用させていただいています。
「それを日記に書いたらブログで1位になるよ~」とか、
「みんながまた面白いねってコメントをくれたよ~」とか
「ブログを見てばあばがびっくりするね~」などなど・・・・・・


 漢字は1年生になってからはドリルで、
①漢字練習帳に1頁練習、
②漢字ノートに用例や部首などをまとめる
のを1日1文字続けています。
 小さい時から繰り返し、漢字カルタや部首カルタは続けてきました。
 教育漢字の表を貼って、読める漢字に丸をつけて励みにしたり褒めたりしました。
 会話の中で、●ってどういう意味?と子供に聞かれると、漢字の説明をしました。
 例えばダイフキンは大きな布巾と子供が勘違いしていたので、台を拭く布巾という具合に。
 漢字を読み書きできるという自信を常に与えてきました。
 平仮名の次に片仮名、そして漢字習得という順序をわざと無視しました。
 漢字は難しいものという固定観念を持たないようにしました。
 でも漢字を読み書きできるとすごいねと褒めました。
 目に見えない下地を積み重ねた上で、小学校に入ってから、それをまとめ上げているという感じでしょうか。

 素人の私が言うのもおこがましいのですが、国語の先生のお話を伺うと、国語力とは一気に目覚ましく伸ばすことができるものではなさそうなので、目に見えない地道な継続が力になって行くようですね。
 初めは読み聞かせ、そして子供との対話。
 子供の興味あることをどんどん会話で膨らませていく。
 段階的に簡単な言葉を難しい言葉に置き換えていけば、語彙や表現も増えます。

 季節の行事や、太郎が興味をもった主題をネットで探して、プリントを印刷して読ませます。

 本をたくさん読んで子供が面白いとおもうと、その表現を使ってみたくなります。
 本のジャンルを考えられるだけ広くする。昔話、科学物、論語から落語まで。
 いろんなレベルの話し方ができるようになります。
 普段の生活でも、良くない言葉ほど記憶に残って意味がわからずとも繰り返し口にしたりしますよね、子供って。

 我が家はテレビは見せないという主義では決してないのですが、みなさんおっしゃるように、学校から戻って学校の宿題や予習も時間をとられますし、自由に遊ぶ時間も欲しい、習い事もありますから、残りのわずかな貴重な時間をテレビに使うか、読書に使うかの2者択一のようになってしまいます。すると、やはり能動的な脳みそを鍛えて欲しい、本を読むことができれば将来的に日本語が伸びるという理由で、テレビを見る時間は本当に少なくなってしまっているという必然の結果です。

 思いつくままに書いてみましたが、また他のことを思い出したら追加しようと思います。

 世界各地の異国でも、子供の日本語教育に熱心なお母さんがいらして、交流ができること、本当に嬉しいです。
 お互い頑張りましょう!
          

新版 子どもの右脳を鍛える作文練習帳新版 子どもの右脳を鍛える作文練習帳
(2005/06)
七田 真

商品詳細を見る


101漢字カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ)101漢字カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ)
(2010/03/10)
宮下 久夫、伊東 信夫 他

商品詳細を見る


98部首カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 3)98部首カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 3)
(1993/04/15)
宮下 久夫

商品詳細を見る


 拙ブログを読んでくださって、ありがとうございます。応援クリックもポチっと、どうぞよろしくお願いします。    

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へFC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

あいこさん
お子さんは太郎と次郎の間の学年ですね。
1,2年の頃は太郎も習う傍から忘れました。次郎も今はそんな感じもあります。やはり、同じドリルを何回もやるか、違う形で何度も繰返し続けるしかないんだと思います。外国に住んでいると日常使わないのですから。

漢字の複数の読み方については・・・とにかく本をたくさん読む、読み聞かせる、会話の内容をレベルアップするなどすると、語彙が増えますから、言葉を知っていて漢字を習うのと、漢字を初めて習って言葉を習うのではまったく頭に入り方が違いますよね。知っている言葉を、「ああこういう漢字なのか」と納得しながら習うのは比較的簡単なものです。それがいくつもの読み方をマスターしやすい方法だと思います。
テレビも、本や会話ではない語彙を補う意味でとても有用だと思います。

2011/05/13(金) 21:06:02 | URL | garapy #- [編集]
漢字と作文のお話参考になります。うちは今年2年生になりましたが、漢字は習うそばから忘れるという状態で、頭を抱えてます。数日後にテストするともう忘れてます。あと、音読みと訓読み、どちらか一つしか言えないことが多いです。Garapyさんのように、普段の子どもとの会話も重要だなと思いました。

テレビは、うちも見る時間がほとんどないですね。見せるとしても、日本語の番組ばかりなので、そこから覚える言葉も多いようです。
2011/05/13(金) 05:29:38 | URL | あいこ #3gnf69lI [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/688-536ed714
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。