スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕、急いでるんです!


2009年1月23日 金曜日
 朝の体操、パパも一緒に。
 朝のお仕事
 太郎は浦島太郎の助詞穴埋め完成。とはいえ、何度読んでもわからないところは、そのままにした。
 その後、
子どものための論理トレーニング・プリント子どものための論理トレーニング・プリント
(2005/01/25)
三森ゆりか


 より、短文をつくろう。
 説明の文を読みながら、太郎は「○○ってどういう意味?」「わからない」とすぐ言う。
 その太郎にさせたこと。
 ・鉛筆を持って、わからない言葉を丸で囲みながら読む。
 ・わからなければ、もう一度読む。
 ・前の部分をもう一度読む。
 これで、三つわからなかった言葉のうちの一つはわかった。
 「短文」と言う言葉は、前に、「短い文を作ろう」、と出てきたのを見つけたから。
 あとの言葉はわからなくても、、問題の意味と答えはわかった。
 ・最後まで、わからない言葉は、問題をやった後で辞書で引く。


 次郎は百均漢字ドリル、なぞり書きと書き見開き3ページ。
 漢字カルタは得意なくせに、今までは漢字なんて読めない書けないと拒否していた。
 昨日から突然このドリルを本人が出してきて好きなだけやっている。
 こどもって面白い。
 機が熟せば一人でやる、モンテで言う敏感期ってこと?


 昼、強風だが晴れているので徒歩で迎えに行く。家に入る寸前に降り出して帰宅時にはどしゃぶり。念願の凧揚げ?と思ったが、嵐でそれどころではない。

 食後、太郎が一人でピアノに向かう。
 楽譜をぱらぱらめくって好きな曲を弾いてみる。すっかり楽譜を読むことに自信がついた様子。
P1140253.jpg
 スラーやタイを指して太郎「これ何?」
 スラーはつなげて弾くと説明。でも無視しして良いよ、と付け加える。
 タイは、全音符が4で四分ちゃんが一だがら、4+1は?と聞くと、
 「5」と答えるが、「めんどくさい」とページをめくる太郎。そりゃそうだろうな。

 ♪ピアピアピアノ~♪と歌いながら、めちゃくちゃな音をたたいてリズムを取るので、ドミソの和音でやってみる。三つの音を一度に出すのは難しい。左手は尚更。

 和音の当てっこ。ドミソとシレソ。

 その間、次郎は朝の漢字ドリルの続きを少しやっていた。
 ご飯を食べながら、「ブログを見ている人が、漢字が上手にかけてすごいねーって言ってたよ」とおだてたから。「ごちそうさまっ」とさっさと食器を片付けて、「漢字ドリルをやる。」
 私が「えー、昼休みは休んでよ」と言うと余計ムキになって、「だめ、漢字をやる。」
 そのあと、パパが景品でもらったボールペンを見て欲しがる子供たち。
 太郎がピアノに向かい、次郎は「絵の具を出して」と頼んでくる。
 「えーお昼はそんな時間ないわよー」と言ったものの、「どうしても出してくださいお願いします」と丁寧に粘り強く頼んでくるので、出してあげる。一人で絵の具のお仕事ができるように用具をそろえて渡そうと思う。
P1140252.jpg




 昨日、教科書申し込み用紙が届く。
 折り返しウエイティングリストを郵送で提出。



 darumaさんのコメントのお陰でrouilleルイユのレシピを調べて思い立った。ジャムばかりでは飽きるので、朝食用にレバーペーストを作ってみる。普通は鶏だけど、子牛のレバーが明日までの賞味期限。おなかの具合がいまいちの人が多いので、ソテーではたぶん食べないからこれを利用した訳。
 初めての試みなので、玉葱とニンニクのみじん切り炒め、白ワイン、ローリエ、塩コショウでシンプルに作ってみた。

 子供のおやつに大好評だった。
 夕飯の前に出したらパパもパクパク食べながら、「パテ・ド・フォア(フランス語で要するにレバーペースト)を家で作る人なんて聞いたことない。」あらそうなの?



 音読
 次郎は、
パンツぱんくろうしかけえほん (2) (げんきしかけえほん (20))パンツぱんくろうしかけえほん (2) (げんきしかけえほん (20))
(2005/04)
あきやま ただし


 太郎は、
14ひきのひっこし14ひきのひっこし
(1983/07)
いわむら かずお





カルタ
にほんごであそぼ 四字熟語かるたにほんごであそぼ 四字熟語かるた
(2008/01/25)




日本のことわざかるた日本のことわざかるた
(2002/11)
西本 鶏介いもと ようこ




 太郎は朝の問題の答えをノートに書く。
 「順序」という言葉を辞書で引く。

 学校の宿題。

 次郎に絵の具セットを説明して渡し、片付けさせる。
 今日の作品を部屋に貼らせる。
 貼るためのゴムをおもちゃ箱の中に落としてしまったらしい。
 それをきっかけに、おもちゃの整理をする。


 ビデオ
 ダーウィンが来た・・・ワニガメ



 夕方次郎を迎えに行くと、先生が、 
 「最近次郎はクラスでいつも不機嫌。すぐ怒る。家でもそうですか?」とおっしゃるので、
 「家で良くお勉強するので褒めます。それで、完ぺき主義になってきているのかもしれません。自分にも人にも。」
 すると先生が、「特に人にですね。次郎は皆がちゃんと席に着かずにいつまでも読み聞かせが始まらない時など、癇癪を起こします。難しい4歳とはいえ、ちょっとねえ。幼稚園で少し退屈しているのではないかと心配です。」
 先生の話は、いつも次郎が言うことと合致している。次郎曰く「次郎と(親友の)マキシムだけが良い子で他の子は皆悪い子。」と、よく繰り返し言う。自分が「幼稚園では勉強するぞー!」とやる気満々お大真面目なので、他の子のだらしなさが許せないらしい。
 今日も次郎が審判ですごろくをやったが、誰も言うことを聞かない。怒りすぎて疲れた、とこぼしていた。

 私が子供に完璧を求めすぎている影響か、私の余裕のなさが次郎に反映しているのか。

 クラスで退屈なら、週一日くらい休みをもらって、家で日本語で遊んだほうが良いかもしれない。
 太郎が幼稚園の年中・年長のときは、週三日しか幼稚園へ行かせていなかった。
 この話を夫にすると、「日本語が読めるから、フランス語も読めるようになりたくて、他の子がお勉強の時間をつぶすから怒るんじゃないの?」
 集団生活、社会性を身につけるのは大切。でも、まだ4歳。ゆっくりやっていけばよいと思う。
 今までは猫を被っていたのが、次郎は担任の先生のことも大好きなようだし、先生やクラスに慣れてきて、次郎の地が出てきたのだろうと思う。
 太郎の「みんなおともだち」という性格に引き換え、次郎は「僕がーっ!」という性格だし、確かにてきぱきして太郎より要領も良く素早い。

 次郎がパパに「年をとっても大統領になれるの?」と聞いていた。
 それを思い出してか、夫が「ニコラ・サルコジより早く大統領になろうと思って、急いでるんじゃない?だから、クラスでだらだらしている子達がいると、勉強の計画が遅れるって焦るんじゃない?」と茶化す。

 太郎が「太郎と次郎が働くようになったら、お父さんは休んで、僕たちがまだこの家にいたら、今よりもっとお金持ちになるよ。だってお父さん一人のかわりに二人が働くから。」
 
 次郎「人って何月何日何曜日に死ぬか、誰もわからないんだよ」




 今日一番楽しかったことは、
 次郎は、お母さんが(次郎の描いた)絵を喜んでくれたこと。
 お母さんは、レバーペーストを子供が喜んで食べてくれたこと。
 太郎は、ああそう、同じ。あと、太郎が集中して良くできたことでしょ。

P1140256-1.jpg
 「のんのんのはら」へ行く電車。「かっぱわくわく」に出てくる野原の名前。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

次郎の台詞、何か出典があるのではないかと思うのですか、思い当たりません。流れも、どうしてこの発言が出てきたのか、良くわからないんです。子供って、子供なりに、いろんなこと考えているのだなあと思わされます。
 でも、次郎がなりたかったのは、大統領じゃなくて、ウルトラマンだったんで、ちょっとほっとしました。
2009/01/25(日) 21:00:48 | URL | garapy #- [編集]
garapyさん、こんにちは♪

>次郎「人って何月何日何曜日に死ぬか、誰もわからないんだよ」

次郎君、すごいです。深い・・すごい哲学的。
幼稚園児の言うセリフだろうか。きっと、すごく賢くって、周りのお友達よりも大人なんでしょうね。
2009/01/25(日) 16:02:02 | URL | ミカ #- [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/58-ab774662
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。