スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルプスにてアルペンホルンの生演奏


2010年2月21日 日曜日 晴れ

 夏に一度訪れた、レジスタンスの山へ行った。
 レンタルでカンジキを借りて山登りをした。カンジキで歩くのは初めて。
P1340560.jpg

P1340563.jpg

P1340565.jpg

P1340571.jpg

 「見て、この雪の模様、砂漠みたいだよ。」
P1340573.jpg


 かなりの急坂を滑りながら登った。
 次郎は途中でべそをかき挫けそうになる。無理もない。このような年齢の子供は一人も見かけない。すれ違う登山者たちは皆微笑みかけて、「がんばりやだねー」「すごいねー」と声をかけてくれた。
 この台地まで来たら、頂上まであと最後の一登り。
P1340578.jpg

 右側の三人組は、滑って転んでいた太郎に、
「あと150メートルだよ」と声をかけてくれた下山のおじさんおばさん。
P1340583.jpg

 トランペットのような音が聞こえて登って行くと。
P1340584.jpg

 アルペンホルンと言うそうだ。本来は木だがこれはカーボンで作ってあり、持ち運び用に縮めることができる。
P1340586.jpg

P1340587.jpg

 夏に来た時、下をくぐった柵がこんなに低くなってまたいでとおれるよ。
「いつもより高く登れるよ。だって雪の高さと山の高さを合わせてもっと高い所に行けるから。」と次郎。
P1340594.jpg

P1340597.jpg

P1340598.jpg

P1340602.jpg

P1340603.jpg

 次郎の掌のモンブランと向こうにちょこんと頭だけが見える本物のモンブラン。
P1340610.jpg

P1340615.jpg

P1340608.jpg

P1340609.jpg

 振り向けば、いつもスキーに行くセムノーズ山。
P1340612.jpg
 
 下山し始めてすぐ、かまくら発見!
P1340621.jpg

 入り口はこのとおり狭い。
P1340625.jpg

 子供だけを先に入れて、中を偵察させる。
P1340627.jpg

 お父さんもお母さんも入れるよーということで、夫がまずはいる。
P1340629.jpg
P1340632.jpg

 入口が狭くて躊躇していた私も、楽しそうな叫び声に惹かれて、ついに中へ。
P1340634.jpg

 下りは歩きにくかったので、カンジキをとってブーツで歩いた。
 雪の中で柔道の受け身の練習。
P1340636.jpg

 走って、尻橇で滑る~
P1340640.jpg

 まだ、登り足りないのか、こんな小さな雪山をまた登ったり降りたりしていた。
P1340641.jpg

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 拙ブログを読んでくださって、ありがとうございます。応援クリックもポチっと、どうぞよろしくお願いします。
    


関連記事
スポンサーサイト

コメント

のほほん母ちゃんさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
いつも読んでくださって嬉しいです。
家族みんなが山登りが好きで、よかったです。
次郎も太郎も力をつけてきているので若くない親の私達の方がいつまで一緒に登れるやら、がんばりどころです。

2010/02/23(火) 21:22:31 | URL | garapy #- [編集]
初めてコメントさせていただきます。
これだけの登れるなんて、太郎君も、次郎君も、相当な体力があるのですね。
いつも登っているからというのもあるでしょうね。
「雪の高さと山の高さを合わせてもっと高い所に行けるから。」と次郎くんのコメント。
なるほど、面白いですね。

いつも読み逃げばかりなのですが、
また、コメントさせていただきます。

2010/02/23(火) 12:52:01 | URL | のほほん母ちゃん #n5gWyoOY [編集]
marieさんへ

私や主人も軽々という訳にはいかず、良い運動になりましたから、次郎には大変でした。
でも、頂上からの眺めはその苦労に値します!
こちらでは、日本のかまくらのように雪を積んでから穴を掘るのではなく、エスキモー式に雪のレンガを積み上げます。そのなもイグルー。
これほど雪が降ったのに庭でかまくらをつくらなかったのは悔やまれますが、ここで楽しい経験ができてよかったです。
2010/02/22(月) 20:47:57 | URL | garapy #- [編集]
確かに。。。これは子供には大変そうですね。だけど、なんと雄大で美しい景色!
かまくらは、こちらの人も作るんですね。
知らなかったです。
きっと、子供たちにもよい思い出になるでしょうね♪
2010/02/22(月) 09:57:43 | URL | marie #- [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/475-ea607b3e
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。