スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、子供の日本語教育にこだわるのか その1


2010年1月7日 木曜日 晴れ

 最近、どうして自分が子供の日本語教育にこれほど執着しているのか、その理由を改めて振り返ってみる機会があった。
 様々な違った要因が重なっていると思う。
 
 まず、私と同様の立場の他の国民、つまり伴侶が同国人でなく伴侶の国で暮らしている例えばフランス人、イギリス人、ドイツ人などが、ミックスである自分の子供がフランス語、英語、ドイツ語などを話さないという可能性を考えることがあるだろうか?子供に負担がかかるからと継承語教育を諦めるだろうか?

 チュニジアで友達になったインドネシア人のお母さん、コンゴ人のお母さん、中国人のお母さん、フランス語が流暢か否かにかかわらず、皆、子供との会話はなんの疑問もなくフランス語だった。夫がフランス人だからだ。友達になり、我が家の母子・兄弟の自然な日本語会話と他の人たちとはフランス語で話す様子を見るにつけ、思い直すところがあったようだ。皆、程度はさまざまだが子供に自分の母語で話すようになった。

 今の学校で出会ったスペイン系二世のお母さんも、「私も少しは息子達にスペイン語を教えるけど、あなたほどではない。もっとやらなくちゃと思う」と肯定的に受け取り励ましてくれた。小さな村の転入生でもある息子達は学校の休み時間など日本語で話しているからだろう、皆の奇異と羨望の眼差しを受けて少々面映ゆい思いもしているようだ。しかし太郎は恥ずかしい年齢は通り越して、兄弟の秘密の言葉があることを子供らしい楽しみにしているようだ。

 つまり、私は、日本語、日本の文化、日本人であることは他のどの国のそれにも劣らない価値のあるものと判断しているのだ。それは勿論私が日本人だから。どの国の人間であろうとも、政治的プロパガンダなどに惑わされずに自分の国を愛することができないのは、悲しいことだと思う。
 自分の血を分けてこの世に生み出した子供に、自分の文化も分け与える。それは権利であると同時に義務だと私は思うからだ。



 次回へ続きます。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 拙ブログを読んでくださって、クリック応援もありがとうございました。
 このテーマ、しばらくだらだらと続きます。
  
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

allyouneedisさんへ

お久しぶりです。お元気そうで安心しました。ブログはともかく、お子さんは順調に日本語で育っているのですね。
全くallyouneedisさんがおっしゃる通り、移民の地位と継承語の問題は直結していると思います。それについても追って書いてみたいと思います。

おかあさんって呼んでくれたら、もうブログのタイトルどおりですから、続ける必要もないかもしれませんね!

いつも読んでくださってありがとうございます。そのお言葉が更新の励みになります!

2010/01/08(金) 12:43:51 | URL | garapy #- [編集]
Mollyさん

いつも見てくださってるのですね。ありがとうございます。
継承語教育をしていく中で、日々の失敗も成功もその過程も共有していきたいと思い、こんな形で公開しています。
日本の良いところ悪いところ、日本が好きでなければ日本について学んで子供に説明できませんよね。Mollyさんがおっしゃる通り、親が日本好きなことが大前提ですよね。そして、歴史的事実を踏まえたうえで日本の素晴らしいところを評価してくださる外国人の方々に出会っていらっしゃるとは本当にお幸せですね。Mollyさんのような考えのお母さんから日本を吸収するお子さんは、日本との精神的距離が非常に近いのではないかと思わされます。


> いつも拝見させていただいてます。学ぶところばかりです。
> 私も日本が大好きです。子供たちにも自分のルーツである日本について、私が教えられる範囲でだけでも知っておいてもらえたら嬉しいと思っています。
> いままで、日本から離れた地で出会った方々の多くが「ニッポン」がいかに素晴らしい国であるかを、逆に私たちに教えてくれているような気もしました。政治的・歴史的な事もありますが、それを教えてくださった方々は皆、その状況を踏まえたうえで日本の文化・精神面などを高く評価してくださっていたのを聞くにつれ、自分が日本人であることを大事にしていきたいと改めて感じさせられました。
> 次回も楽しみにしています。
2010/01/08(金) 12:37:08 | URL | garapy #- [編集]
カンさんへ

子供のやる気は、親によるひたすら洗脳~ですよ。日本の楽しそうな事、アニメ、マンガ、お友達、食べ物、サムライとか、忍者とか、もうなんでもかんでも好きになりそうなものを試しました。一度日本が好きになり、自分が日本人である自覚を子供がしっかり持つと、年齢相応に読めて書けて当たり前と本人が思うようになります。あとは、親が習慣・リズムをしっかりつくってやり、飴と鞭で導いていくしかないと思います。
親の好みも知らずと子供に伝わると思うので、カンさんが何か日本のことにハマってこれが大好きという姿を見せるのはどうなのかしら?

まとまりもないことをだらだら書いていきますが、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

2010/01/08(金) 11:45:24 | URL | garapy #- [編集]
Jupoiさんへ

大賛成とメッセージを下さってありがとうございます。本当に嬉しいです!
旦那様も自分の国にお住まいでないことで、母国語継承の意識が高いのですね。
バイリンガルと言うと特別のことのように感じがちですが、継承語教育をしてあたりまえという風潮が海外日本人の間に広まると良いですね。もちろん、実際の努力・継続は容易くはないので、皆で経験を分かち合い励まし合っていきたいですね!がんばりましょう!

Jupoiさんのお料理、とっても美味しそうです!
2010/01/08(金) 11:35:03 | URL | garapy #- [編集]
Marianiさんへ

お隣の国からようこそ。
同感のメッセージをくださって、とても嬉しいです。
日本人である私達はこう思っていても、第一に伴侶の深い理解と愛情がなければ実現は不可能ですよね。
Marianiさんは母国語をいくつももっていらっしゃるんですね、なんて豊かなのでしょう、羨ましい。言語の数で豊かさが測れるわけではありませんが、やはり言語の数が多くなるほどそれを守っていくのは大変なことだと想像します。
そして、周りに、言語が違って同じ思いのお母さんがたくさんいらっしゃるとは本当に羨ましいです。そんなお話を伺い、私もますます心強いです。お互い頑張りましょう!
2010/01/08(金) 09:32:29 | URL | garapy #- [編集]
お久しぶりです。大変興味深いテーマです。先日公園で13才くらいの兄弟と話すことがあり、[僕は何人だと思う?]と聞かれたので、[ギリシャ人?]と答えました。ものすごい喜びようでした。結局彼らはアルバニア人でしたけど。経済移民として他国に来た場合、自分の国を誇りに思ったり文化を継承しようとは思わないのかなあと感じ、そうさせない空気を漂わせている(差別ですね、移民に対する)ギリシャという国が少しいやになりました。
私たちが日本語、文化を伝えるということと、私のこのコメント、的が外れているかもしれませんが、、、

ーーーーーーー
私のブログは放置状態になってしまいましたが、最近ではやっとお母さんと読んでくれるようになりました。
garapyさんのブログはいつも読んでいます。
2010/01/08(金) 07:58:39 | URL | allyouneedis #- [編集]
いつも拝見させていただいてます。学ぶところばかりです。
私も日本が大好きです。子供たちにも自分のルーツである日本について、私が教えられる範囲でだけでも知っておいてもらえたら嬉しいと思っています。
いままで、日本から離れた地で出会った方々の多くが「ニッポン」がいかに素晴らしい国であるかを、逆に私たちに教えてくれているような気もしました。政治的・歴史的な事もありますが、それを教えてくださった方々は皆、その状況を踏まえたうえで日本の文化・精神面などを高く評価してくださっていたのを聞くにつれ、自分が日本人であることを大事にしていきたいと改めて感じさせられました。
次回も楽しみにしています。
2010/01/08(金) 03:07:27 | URL | Molly #DDJALrL2 [編集]
以前「漢字カルタ」の時にコメントを残したものです。
我が家の場合、「子供のやる気をどう育てるか」が今後の課題になりそうに感じています。
補習校へは本人が行きたがらず、家で進研ゼミなどを取り組んでいます。
ほんと、太郎くんと次郎くんを少しでも見習って・・・などと
たまにブログを見せたりしているのですが、なかなか難しいですね!
「つづき」お待ちしています!
2010/01/07(木) 21:06:14 | URL | カン #qg.srdxc [編集]
私もGarapyさんの意見に大賛成です。
私は現在アメリカに住んでいます。アメリカのいたるところで、日本人の親を持ち、しかし日本語をほとんど話せないたくさんの子供たちを見てきました。それを見るたび、自分の子供には自分のルーツを尊重し、言葉や文化を大切な財産として引き継いでほしいと強く思います。ギリシャ人の夫も同じ考えです。

Garapyさんの日本語・日本文化教育はとてもすばらしい。太郎君、次郎君の成長とともにこれからも楽しみにしてます!
2010/01/07(木) 20:38:10 | URL | Jupoi #s67KLLxg [編集]
お隣の国イタリアより、こんにちは。
私も同じく子どもに日本の文化や言語を一生の宝として残してあげたいと思う一人なので、Garapyさんと同意見です。

日本文化の繊細さ、美しさ、素晴らしい点はたくさんありますよね。広い意味でそんな豊かな心の文化を誇りに思える感受性を育ててあげたい、と思います。

子ども(5)のクラスには国際結婚をしたフランス、ドイツ、スペイン、イギリス人ママがいます。彼女たちも同じくバイリンガルで子育てをしており、それぞれ子どもには母国語で話しています。

私自身はスペインで育ったこともあり、(今では海外生活の方が長く)日本だけが母国とは感じていませんが。。完全いつも美しい言葉で子どもに話しかけるように意識しています。

自分の親がそうしてくれたように子どもには日本語・文化を出来る範囲で受け継いでいきたいと思います。周りの理解とサポートも必要なバイリンガル教育。お互いにがんばりましょう!
2010/01/07(木) 16:07:15 | URL | Mariani #sfQLks0g [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/409-e012d4be
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。