スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語がしゃべれないなんてかわいそう


2009年9月13日 日曜日

 「山登りに行けなくなっちゃうから早く起きて」と太郎に叩き起こされる。寝起きが悪かった次郎は山登りはしたくないと言う。
 パパが難易度の低いコースを選ぶ間、
 朝のお仕事。
 太郎と次郎、昨日と同じ方法で10文くらい、漢字の読み。
 太郎は「秋の風の名前」プリントの音読。「かなりや」の朗読。

 結局、この前、向かいから眺めて到達できなかった山小屋、ガイドブックによれば片道1時間のトゥルネットの山小屋を目指すことにする。ただし、出発点を変更してここから登る。トゥルネットの頂上は3時間だからちょっと無理。
P1270027.jpg

 四方を霧に囲まれているが、夫の予想によれば晴れてくる。
P1270028.jpg

 目的地は一番下の看板。 
P1270037.jpg

 牛の放牧地を通り抜ける。 P1270038.jpg

 「はい、ちょっとー失礼しますよ」「モーおかまいなく」P1270039.jpg

 驚かさないように静かに、とのパパの指示を堅く守り、牛に見向きもせず・・・失礼
 「モーちょっと愛想よくてもいいんじゃない?」
P1270040.jpg

 見上げても霧ばかり。登れば霧の上にでるのかな。
P1270046.jpg

 足場はあまり初心者向けとはいえない。
P1270058.jpg

 手を使わなければならない場所もあった。「お先に失礼」と、次郎がよじ登っている横をすり抜けていったのは黒い犬。
P1270063.jpg

 えーっこんなところもあったのー。今日は易し目のコースを選んだと思ったのに。左側は崖。
P1270079.jpg

 ケルンに石を積みながら太郎「でもさあ、ぼくたち以外に石を積んでる人、一人もいないよ」
P1270088.jpg

 地図で確認。実はこれが山登りの基本。地元の人たちは地図も持たずに風景に見覚えがあるなしで登ってきて、下りるころに深くなってきた霧に迷っている人たちがたくさんいた。その度に夫が道を教えてあげていた。P1270095.jpg

 霧の中で見るとなんだか標高4000メートル位の雰囲気。
P1270100.jpg

 「はやくおいでー、凄いよここ、危ないから気をつけて」とパパが呼んでいる。
P1270116.jpg


P1270118.jpg


P1270120.jpg


P1270124.jpg

 いつになったら霧の上に出るのかと期待しながら登り続けるのだが。
P1270128.jpg


P1270132.jpg

 夏の間ヤギ飼いが寝泊まりする山小屋。
P1270146.jpg

 湧き出た泉からホースで水を引いてきて、動物の水飲み場を作ってあった。
P1270152.jpg

 「あれだ!見えたぞ、山小屋だ!」
P1270154.jpg


P1270155.jpg


P1270156.jpg


P1270157.jpg

P1270158.jpg

 1,5リットルの水2,5ユーロ。 テラスと室内のご利用はお買いあげのお客様にかぎります。
P1270160.jpg


P1270161.jpg

 寒いので風をよけてお弁当を食べ、下りにかかる。
P1270165.jpg

 霧が晴れるどころか、登って来た時よりも深くなり、迷って夫に道を尋ねる人々続出。
P1270167.jpg

 次郎はこのあたりで体力の限界。
P1270168.jpg

 転んでお腹を摺りむき、もうだめだと、パパにおんぶ。
P1270169.jpg

 ようやく牛のところまで戻ってきた。
P1270171.jpg

 行きにしなびていた牛のお乳は今は満タン。
P1270172.jpg

 太郎は余裕で、「お母さんもっと早くう!」と駆け下りる。
P1270173.jpg

 お邪魔したね!
P1270175.jpg

 行きに、くねくねの山道に加え最後のこの砂利道の振動で死ぬほど酔った私は、下の駐車場まで太郎と徒歩で下りる。
P1270179.jpg

 近道。
P1270180.jpg

 先ほどいたところはやはり霧で隠れている。
P1270183.jpg


P1270185.jpg


P1270192.jpg

 帰り道、「どういう風に着陸するんだろうね」と先週言っていたパラグライダーの着陸を目撃。
P1270208.jpg


 家に戻って次郎は最近再び凝り始めた『ポケモンあいうえお覚えるぜ』をやっていた。
 突然、「このポケモン問題、あの子にあげるよ」
 「えっどうして?もう次郎は全部覚えちゃったから?」
 「ちがうけどさあ、日本語がしゃべれないなんてかわいそうだよ」
 今日、山で偶然日本人女性に出会った。旦那さんがフランス人で我が家と同じ。3歳半の男のお子さんがいらっしゃるとのこと。うちの子たちの日本語会話に感心してくださって、うちはそんなに日本語がしゃべれないんですよ、というのを聞いていたから。
 「太郎や次郎が一緒に遊んであげればすぐに話せるようになるわよ」
 「そうだね」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

darumaさんへ

次郎は一番小さいので必然的に一番無理がきてしまいますね。でもパパがカバーできる体力があって良かった。
私もパラグライダーがどんなふうに着陸するのか初めて見てわかりました。ここはパラグライダーの発祥の地なのだそうです。
次郎の「かわいそう」発言には驚きました。そんなふうに感じているのかと初めて知りました。もちろん、話せないから可哀そうとは一概に決めつけられないのですが、次郎の日本語に対する心情が吐露された一言でした。

2009/09/15(火) 10:13:08 | URL | garapy #- [編集]
ともちゃんへ

下手な写真で様子がわかってもらえたかな?
太郎は好きなことには果てしなく体力があります。
夫も、体力と言い、山歩きの地図のことと言い、見直しました!
日本人の方は市内に住んでいらっしゃるのですよ。たぶん車で30分位のところかな。
2009/09/15(火) 10:09:17 | URL | garapy #- [編集]
霧もあったけど無事下山、お疲れ様でした!次郎君も頑張りましたね。とっても壮大で綺麗な景色、癒されますね~。自然万歳!
太郎君疑問だったパラグライダーの着陸、目撃できてよかったですね!色々な事に興味示す太郎君、両親に色々な体験もさせてもらって幸せですね♪
次郎君、優しい!その子と一緒に遊んであげられたらいいですね。
2009/09/15(火) 03:40:29 | URL | daruma #- [編集]
今回の山登りはすごいコースでしたね~!
太郎くん、体力ある!!
旦那さんは途中から次郎くんおんぶでこれもすごい!

偶然出会った日本人の方は、近くに住んでるんですか??
2009/09/13(日) 22:11:11 | URL | ともこ #- [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/278-cf4f3c74
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。