スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8時間の大移動


2008年12月24日 水曜日
クリスマスイブ
朝~夕方編

 朝5時起床。
 朝食をとり、荷物を積み込み、片付けなどの要領が悪く・・・
 結局7時半出発。

 日の出前で真っ暗。

 三日月がきれい。
 次郎「月の黒いところが丸く見えるよ」
 本当に今日は地球の影がくっきりときれいに丸く見えている。
 「あの丸は何かな?」
 次郎「太陽」
 太郎「違うよ。地球」」
 「すごい!」

 「昼太陽が出てるときに、月が太陽を隠して三日月みたいになることもたまにあるのよ。」
 「へえ~っ」と驚く太郎。そのあと「たまにってどういうこと?」
 あまり理解していない次郎。


 10分ほどで高速にのり、しばらく行くと霧。
P1090959.jpg


 西に向かって走っているので、ほぼ正面にご来光。
 子供たち、日の出を見たのは初めて。
 日が出るまでに空が朝焼けで赤く染まる。
 「太陽はどこから昇ってくるのかな?」
 朝焼けを指差して太郎「あっち」
 「どうして?」
 太郎「だって、赤くなってるから・・・それに、月のあっち側が照らされているから。」
 「すごい!月を見てわかるとは思わなかった」
 「じゃあ、地球はどういう風に回っているのかな?」
 こういうふう、などと地球儀が回る様子を手で見せる。
 「そうじゃなくて、地球儀の話じゃなくて、ここの話。ここは地球でいまフランスにいるでしょ。僕たちはどっちに向かって回っているの?」
 「うーん・・・わからない」


 日の出を見て、しばらくしてから何度か同じ質問を繰り返す。
 太郎「わからない」

 「本当はお日様が出るんじゃなくて、地球のフランスがお日様のほうに向いたんだよね。」
 太郎「うん」それは宇宙の模型で知っている。
 「じゃあぼくたちはどっちに回ったってこと?」
 太郎「わからない」
 「さっきは太陽はどこにあったの?」
 地面の下のほうを指す太郎。
 それで「わかったあっちに回ってるの!」と東の地平線を指差す太郎。
 「すごい!わかったね」
 

 出発して一時間半、童謡などを聴くが、次郎はすでに
 「ねえ、着くの着かないの?
 と5分毎に繰り返す。


 うとうとして目覚めて、
 次郎「ねえ、着くの?着かないの?
 「まだまだ」
 次郎「もう二回夜が来たと思う。」

 次郎はみかん、太郎はチーズのコンテを食べる。


 次郎の生まれたオルレアンを流れるロワール河を越える。
 わーいと歓声をあげる次郎。
 オルレアンという町の名が聞こえるたびに、次郎は喜ぶ。
 太郎はもちろんアヴィニョン。


 看板があり、ラングドック地方に入ったことがわかる。
 自然の境界、山や川があるわけではない。
 ここからは、南の訛りがある。
 急に霧が晴れて太陽が輝く。まさにフランスの気候の象徴的な一瞬だった。




 リモージュあたりで昼食休憩を取る予定。
 リモージュは磁器、肉牛で有名。リムジンという車もここから出た?


 おなかがすき始めたが子供達が眠り込んでいるので、その隙に前進。
 空腹も限界なので、子供達を起こして食事休憩。
P1100068.jpg

 高速の休憩所の名は、ポルト・ド・コレーズ
P1100069.jpg


 「コレーズの鞘インゲン」というピューレが市販の離乳食であったから、ここは鞘インゲンの名産地。
 シラク前大統領のお膝元でもある。

 セルフサービスのビュッフェで好きな組み合わせを食べる。
P1100070.jpg

 暖かで、日差しは気になるほど。せっかくの陽気なので外のテラスで食べる。なんだか季節外れだが。
P1100071.jpg

 私は、前菜にセルリ・ラヴという根っこセロリのマヨネーズ和え、シャポン(去勢鳥)のコンフィとレンズマメ。デザートにアーモンドクリームの入ったケーキ。
P1100075.jpg

 子供はもちろん、ひき肉ステーキにフライドポテト。フランスでの外食の定番メニュー。
P1100078.jpg


 車に乗り込むため半袖になる。おなかも満たして、いざ出発。
 と思ったら、次郎のチャイルドシートにチョコレートがべったり。
 金具の部分に板チョコがそのまま張り付いて、金具がはまらない。

 本人のお尻は・・・
 臭くはありません。チョコレートです。と言い訳しながら歩かなくちゃ・・・
P1100085.jpg



 
 トイレ休憩。
 パーキングで山登り。
P1100105.jpg

P1100113.jpg


 
 昨夜のニュースで、クリスマスプレゼントを中古店で購入する人が増えているとやっていた。


 リモージュの町に入り、教習所の車が見えたので、いつも教習車を見つけて喜ぶ子供達に教えると、
 次郎「♪教習所へ出ては来たが、オレ!」



 残すところあと30分。
 また霧の中、しかも細い山道で、私の感覚よりも速く行く夫の運転に気が気じゃない。
 次郎「お父さん!べらべらしゃべらないでください!あぶないから。」


 村の小さな教会が正面に良く見えたので、「ほら、教会。」と指差すと、
 次郎「なんまいだ~なんまいだ~
 「教会はなんまいだ~じゃない。何でしょう」
 太郎「アッラーワクバル
 「それはイスラム教のモスク・・・」
 「次郎が好きな食べ物で、音をたててすすっていいもの。」
 次郎「ラーメン!」
 「ラーメンに似てる言葉。夏はそうめんを食べるよね。」
 太郎「・・・(ぶつぶつ口の中で何か唱えてから)アーメン!」
 「正解!」



 「ほら、やっと着いた」
 次郎「お疲れ様でした、お父さん
 最近覚えて使いたい言葉。


 3時半には着いた。
 正味6時間。休憩を入れて8時間の旅だった。
 今までで一番楽な旅。
 移動するたびにそう思うから、子供達は確実に育っている証拠。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

鉄道事情が日本のように良くないので、車で大移動する人が多いです。
チョコの染みとか言うのではなく、バックルをブロックしてしまっていて参りました・・・とほほ
2008/12/26(金) 11:14:16 | URL | garapy #- [編集]
めーっちゃ長時間ドライブですね~!マレーシアも大概ロングドライブですが、うちらは3時間弱、まだまだ序の口ですね(~_~;)そして早朝5時からお疲れ様でした!太郎君の太陽と地球のお話、素敵ですね。そういう会話ができるっていいですね(^v^)
次郎君のチョコ事件には参りましたね(~_~;)それもいい思い出になるかな♪
2008/12/26(金) 09:13:37 | URL | daruma #- [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/18-53d1574d
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。