スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る阿呆に見る阿呆、魂って・・・


2009年3月31日 火曜日
 朝の体操は自橿術。
 朝のお仕事
 次郎はポケモン塗り絵
 太郎は部首プリント。
 台所で音読。はじめてであうシートン動物記〈1〉あぶく坊主




 朝食の時、二羽が飛んでいって一羽がまだ木の天辺にとまっているよ、と窓を指差す。あれは「ピ」。「ピ」って日本語で何て言うの?と夫に聞かれて辞書を引く。
 「かささぎ」と私が言うと、
 すかさず太郎が「かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」と台所に貼ってあったのを読む。いつも私が唱えても知らん顔してる癖に。
 私は、天の川に橋をかけるのだがらこの鳥は純白のような気がしていた。しかも群れになって橋を形作っているようなイメージを持っていた。白鷺と勘違いしていたのだろう。なんという無知だろう。百人一首の解説書にはカササギは羽を広げて橋渡しすると書いてある。カササギ


 最近次郎がようやく理解し始めたこと。
 今まで自転車で車道を走るとき、いくら「右に寄って」と繰り返し言っても言うことを聞かなかった。それは次郎が、例えば学校側が右で反対側が左、という風に覚えようとしていたからだったのだ。お箸を持つほうが右、お茶碗を持つほうが左と教えても、自分の向きによって物が右や左になるということが理解できなかったのだ。
 おとといあたり、「わかった、こっちに行くときはこっちが右で、反対からくるときは反対が右になるんでしょ。」と次郎。その台詞で初めて次郎が理解していなかったことがわかった。
 その翌日、向かいから来たバスを見た次郎、「あ、あのバス右側通行じゃない。」少し間をおいて、「あ、やっぱり右側通行だね、だってあっちから来たから。」
 右と左を相対的に理解するということがこんなに難しいことだったとは、私のほうが理解できていなかった。

 昼ごはんの後、
 音楽をかけてお昼寝。ゆりかごの歌~童謡・唱歌をうた
 次郎はあっという間に眠りに落ちる。太郎はベッドで静かにしている。このまま眠りたかったが午後は次郎たちのカーニバルの行列があるので行かないわけにいかない。

 いつもの通学路がとても綺麗だと思ったが、写真の腕が足りなかった。
P1160517.jpg

 音楽に合わせて校舎から子供たちの行列が出てくる。
P1160518.jpg

 次郎は打楽器をたたきながら来たが写真に写っていない。
P1160521.jpg

 その後輪になって子供たちが踊る。
P1160537.jpg
 ひとしきり踊った後、園長先生が、お父さんお母さん方もご一緒にどうぞと言うので、有志は参加。
  幼稚園で作ったのはスターのメガネだそうだ。
P1160569.jpg

 一切れ50サンチームのケーキを買った後少し遊んで、教室へ戻っていった。
P1160579.jpg

 下校。
 庭は満開。
P1160583.jpg
 皆で水遣り
P1160584.jpg


 太郎は学校の宿題10分。
 その後、漢字テスト。
 まず、ノートに朝書いたものを音読。
 それから一年生の読み学習支援サイト向日葵のプリント。10分で7問x9枚を読む。63問中14問読めなかった。
 読めなかった漢字を口頭で書き取りすると書けたりする。
P1160586.jpg

 にほんごであそぼ 四字熟語かるた
P1160590.jpg

 ビデオ「里見八犬伝」「かがくらんど」

 太郎台所で音読。。はじめてであうシートン動物記〈1〉あぶく坊主



 夕食のとき、太郎に次郎たちのカーニバルの様子を話す。
 次郎「僕たちが踊って、それからお母さんも踊ったんだよ」
 太郎「えーおかあさんも?」
 次郎「そう、おどるあほうにみるあほうだよね」
 意味を理解していない太郎「えー阿波踊り踊ったの?」と踊る仕草。


 寝床で歌い聞かせ
 次郎に「蛙の笛」「赤とんぼ」「ふるさと」などを歌ったら、
 次郎「人を殺した侍は死んで地獄に行くの?」
 「うん、行く」
 次郎「体が行くの?それとも魂が行くの?」
 「体は死んだら腐るだけだから魂が行くの」
 次郎「魂って、硬いの?それともぷにゃぷにゃなの?」
 「いろんな魂がある。透明なのとか綺麗なのとか、汚いのとか、ふにゃふにゃのとか」
 胸を指差して次郎「魂ってここにある心臓?心臓は心なの?魂は心なの?」
 「心臓は体を切って開けてみたら見えるけど、魂は見えない。そうだね魂は心かな、心臓に近くにあるのかな」
 次郎「体は地獄に行かないなら、どうして地獄の王様(閻魔大王)は良い魂か悪い魂がかわかるの?」
 「魂は魂の目で見るから」
 次郎「魂って目があるの?どうやって地獄に行くの?足があるの?」・・・とめどなくなってきたので、もう寝なさいと打ち切る。

 二人とも8時前には寝入っていた。バカンスまで後三日。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

darumaさんへ
次郎たちのカーニバル、特に凝った趣向もない他愛ないパレードと踊りでしたが、子供たちは楽しかったようです。
寝床に入るといろいろなことが次々と頭に浮かんでくるようですね。
漢字の中国語読みと日本語読みを同時に覚えていくのは複雑そうですね。でも日本語が母語のアズカ君にはそれほど難しくはないのかもしれませんね。とにかく、アズカ君5ヶ国語、快調な出だしですね、すごいです!
2009/04/01(水) 20:56:02 | URL | garapy #- [編集]
次郎君達のパレード&踊り楽しそうですね♪校舎も遊具がある場所も素敵ですね!お庭のお花もキレイに咲いて(^v^)
魂の話、かなり興味あるみたいですね。寝る前にいつまででも質問攻めになるの、親は困りますよね~(>_<)全て答えてあげたいけど、それじゃぁ寝れなくなっちゃうし。
太郎君、漢字頑張ってますね~!読めない漢字も口頭で書き取りはOKなんですね。うちは学校で中国語(マンダリン)のクラスがあって、それの漢字もあったりしてややこしいです(~_~;)数字は全て同じだったので楽でしたが、これから益々ややこしくなりそうです。でもこの前のテストでこの教科だけ満点とれて本人も自信ついたようです(^^♪
2009/04/01(水) 05:32:19 | URL | daruma #- [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/169-29663b1d
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。