スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンゴ探検


 学校からいただいたチラシで知り、行ってきました。
P1580590.jpg

P1580591.jpg

 入り口で「国立国語研究所一日研究員証」をいただきました。
P1580592.jpg

P1580595.jpg

P1580597.jpg

P1580599.jpg

P1580601.jpg

P1580603.jpg

 さあ、採点です。緊張の一瞬!
P1580605.jpg

 レベル1は全問クリアして、ハンドタオルの賞品をいただいたので、レベル2に挑戦。今度は小学5年生以上対象と難しくなっています。
 レベル1の時にパネルを一通り回って先生の話を注意深く聞いていたので、すぐに答えられるものもありました。
P1580607.jpg

 レベル3は、一般つまり大人向け。私も分からなかった超難問のヒントは、子供達は先生に助けを求めに行きました。助詞の問題で、先生は答えを教えずに我慢強く説明してくださり、次郎も頑張って最後まで考え抜いて正解を見つけました。
P1580609.jpg

 スタンプラリーが終わって、昼食休憩。
P1580610.jpg

 こんな素敵な中庭でした。
P1580611.jpg

 腹ごしらえの後は、二階で、辞書クイズ。
P1580614.jpg

 少々難しいのはすぐにできてしまったので、どんどん難問に挑戦しました。
P1580615.jpg

 最後は、まるで大学生のように、講義室で二人の先生の講義を受けました。先生の質問にも元気よく手を挙げて答えました。
P1580621.jpg

スイスの番組をテレビを見ていた夫が「ああ、またスイスに行きたくなったなあ。」と言うと、
妻が「またって、いつ行ったの?」と聞くと、
夫は笑って「行ったことないよ。・・・・・・・・。」
・・・・・・・の部分は夫は何て言ったのでしょう?

という先生の質問に、
次郎「写真で見たから。」と答えたので、
先生「う~ん、座布団2枚あげよう」

 先生が「国語と体育でみなさんどちらが好きですか?」という質問をなさって、太郎と次郎と数名は体育の方に手を挙げて、先生が「正直でよろしい」と苦笑なさっていました。国語の方が好きな子はそれより多くいました。

 講演の最後に、また別の先生が
「今日ここに来てくださった皆さんは、こんなに難しい話を最後まで聞いて理解して、素晴らしい。15年後くらいにこの国語研究所で働く資格があります。研究というのは冒険です。15年後くらいに、言葉の研究が好きな人はこの国語研究所にきて研究してください。数学や科学の冒険の方が好きな人は、隣の極地研究所に来て働いてください。本当にみなさんに期待しています。」と結んでくださいました。我が子たちは、国語よりも極地探検の隣の研究所への就職の方に気を惹かれたようです。でも、今日はとても楽しかったと二人とも言っていました。

 行きはバスで来ましたが、帰りはのんびり歩いて帰宅しました。
P1580624.jpg

 「その国にいれば、誰でもその国の言葉を話すことができるようになるが、勉強しなければ、その国にいて母国語だとしても読み書きはできるようにならない、という意味で、フランス語も日本語も同じです」と講演なさった先生に説明されて、なるほどと納得しました。

 拙ブログを読んでくださって、ありがとうございます。応援クリックもポチっと、どうぞよろしくお願いします。    

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へにほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

おまめさん
すっかりご無沙汰してしまいました。
新学年にあたり、日本語倶楽部の運営など、新たな試みも加わり、2ヶ月近く野放しにして置いた家の掃除片付けと仕事が山積みでした。

そうそうこの国語研究所、大人向けの講座もあるようです。子供達楽しく学べてよかったです。大阪のみんぱく、チェックしておきます。その方面へ行く機会があれば是非立ち寄らせていただきたいです。
2012/09/15(土) 20:35:07 | URL | garapy #- [編集]
すごい!さすがは東京ですね。
日本語に特化したこんな施設があるとは…!
子どもも楽しめる活動があるのがいいですね。

大阪の似たような施設(研究機関&一般展示)といえば、
「みんぱく」があります。
http://www.minpaku.ac.jp/museum
言語展示や各種映像のビデオテークもあって、充実しています。
関西方面に行かれることがあれば、古都京都とはまたちがった
意味でおススメのスポットですよ。
2012/07/31(火) 10:49:01 | URL | おまめ #6Ylq3uEc [編集]
しくらめんさん

小学生が中心だったけど、結構小さな子も来ていて驚きましたよ。機会があったら是非どうぞ。
先生のお言葉、逆に考えれば、読み書きは外国にいても、勉強さえすればできるということですね!
お互い頑張りましょう~!
2012/07/23(月) 11:53:15 | URL | garapy #- [編集]
> ○くん元気ですか。来年もまた日本にきてね。

○○そういちろうくんへ
コメントありがとう!
そういちろうくんも元気でいてね!
来年もまた来るよ。
2012/07/23(月) 11:50:45 | URL | garapy #- [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/23(月) 07:39:05 | | # [編集]
いいなぁ~!さすが東京ですね。
いつか娘と行ってみたいです。

それにしても、「その国にいれば、誰でもその国の言葉を話すことができるようになるが、勉強しなければ、その国にいて母国語だとしても読み書きはできるようにならない、という意味で、フランス語も日本語も同じです」という言葉、私も納得です。フランスでも、おしゃべりは出来ても、書いたらメチャクチャのフランス人たくさんいますもんねぇ~。
2012/07/22(日) 17:50:00 | URL | しくらめん。 #pvZFwHTU [編集]
投稿欄
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
        
トラックバック
URL:http://garapynv.blog41.fc2.com/tb.php/1031-569f97a7
プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。