スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太郎がインフルエンザ第一号!


 昨夜、柔道へ送っていき車を降りるときに頭痛を訴えた太郎。最近車に乗る度に酔って具合が悪いので「降りたら治るかも」という本人の言葉と、道場には喜んで駆けこんで行ったので気にかけなかった。帰りに主人が連れて帰ってみると、頭が痛いと熱もありぐったり。それでもお腹が空いたと二度目の夕食を食べる。40度近くありいかにも辛そうで解熱剤を入れて寝かせた。
 今朝、医者へ連れて行ったら、インフルエンザ、たぶんAとの診断。抗生物質も処方されず、咳のシロップ、鼻水用噴霧薬、鎮痛解熱剤、マスクを処方された。両脇の筋肉が痛んでくるようなら、もう一度連れてくるように。呼吸が苦しいような様子が出たら、緊急で病院へ直接行くようにとの指示。
 これで、待ち時間2時間、3時間という噂の予防接種を受ける受けないという迷いから解放された。
 太郎は明日、明後日、登校停止の診断書。はたして次郎はぴんぴんしているが、太郎の菌を撒き散らしに行くことを懸念して休ませるべきか、登園させるべきか?

 鎮痛解熱剤を飲ませればこの通りぴんぴんしている。先日からひっくり返して読んでみてはこれが作りたいと言っていたものがいよいよ作れる。
 
工作図鑑―作って遊ぼう!伝承創作おもちゃ工作図鑑―作って遊ぼう!伝承創作おもちゃ
(1988/03)
木内 勝



 山のおばさんが作ってくれた陶器の石鹸入れを見て、他のモデルや作って欲しい茶碗のデザインを描いてみたりしていたが、次郎は「そうだサンタさんにお手紙を書かなくちゃ」と書き始める。
P1290905.jpg 


 太郎の工作完成。はじめに出来上がった時はうまく飛ばず、羽を取ってみたら引く距離が大きくなると考えて、飛ぶようにしたようだ。うちには空き缶がないので、「困ったなあ、お父さんにビールを飲んでもらわなくちゃ」と昨日は言っていたが、「牛乳の瓶で良いから頂戴」と、あるもので工夫した。因みに夫は万年ダイエット中でビールは厳禁。
P1290907.jpg  

 youtubeで童謡をたくさん聴いて歌う。ドレミの歌を聞こうとしたら、漫才師が関西弁でドレミの変え歌などもやっていて、子供達がとても面白がり、「もう一度もう一度」と、4回も繰り返して見た。


 夕方、解熱剤が切れて太郎はダウン。
 その間、次郎に読み聞かせ。「鉢かづき姫」。絵本の後ろの解説に御伽草子とあったので、日本の古典〈別巻 2〉お伽草子 (1976年)を出して来て見る。一緒にかいつまんで読んでみると、姫は鉢をかづいていなくて、山姥が出てきて姫を助けたり、子供版よりもっと面かった。
 同じシリーズの子供版「百合若大臣」も載っていて、こちらは百合若を置き去りにし苦汁を舐めさせた別府の舌先三寸が憎いと、舌を引っこ抜いて、その後首引きの刑とあった。次郎はもちろん目を丸くしながらも詳しい説明を聞きたがった。「子供の本には子供が怖くて泣いちゃったりするからあんまり怖いことは書かないのよ」と言うと「次郎は平気だよ、そんなの泣かないよ」今はそう言うが、どうかな?


 次郎とカボチャ料理に取り組む。
 まるごとレンジにかけてから私がざく切りにし、次郎がさらに小さく切り分ける。私が皮をむいてさらに小さく切りまたレンジにかける。煮えたものをミキサーでピューレ状にして、ケーキ、パンに入れた。
 茹でてあったジャガイモを皮をむいて次郎につぶしてもらう。レンズ豆と人参、玉ねぎを鶏ガラ出汁で煮てあったので、汁を切ってジャガイモに混ぜる。あとは塩コショウ、マヨネーズ、ヨーグルトと酸っぱいのが好きなのでワインビネガーを足して混ぜて、レンズ豆サラダの出来上がり。パパが帰ってくると次郎が「今日はすっごく美味しいサラダがあるよ。お母さんがすることを言って、僕が作ったんだよ」と得意顔。ブルゴーニュワインのアリゴテとともに頂く。
 ケーキがちょうど焼きあがり、これも止まらないくらい美味しかった。ブラウニーを作る要領で、ココアパウダーの代わりにかぼちゃピューレを入れただけ。バターに砂糖、卵、かぼちゃピューレ、粉を入れて180度で30分くらい焼いた。


 お手紙が完成しないうちに、夜、サンタさんから何が欲しいか注文を取る電話がきた。
 次郎が欲しいものは「木でできた競走用の橇」
 太郎が欲しいものは「葉っぱで調べる木の事典」
P1290921.jpg
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。




スポンサーサイト

フレンチハーフ兄弟漫才師!?


2009年12月3日 木曜日 曇り

 太郎は朝四時頃目を覚まして、熱はなかったが咽喉が痛いと言うので鎮痛解熱剤をあげて再び寝かせる。
P1290946.jpg

 パパに朝起こされた次郎は登園ストライキ。「太郎が学校へ行かない日は次郎も行かなーい!」さすがにフランス人の血を引いているだけある。
 結局主人は学校へ「太郎がインフルエンザAの可能性大、二人とも休みます」との電話を入れた。

 太郎は鼻水は滝のように出て、ティッシュ一箱を一日で空にする勢いだが、今日は熱も出ず、夜の就寝時間まで解熱剤もなしで疲れ知らず。次郎は咳一つせずぴんぴんしている。
 レゴをしたり、昨日の矢で遊んだり。休む間もない。

 久しぶりに次郎がみんなあつまれのりものカルタを並べていたので、今日は新たなルールでバージョンアップ。私が取り札の裏の乗り物の説明を読んで、そのヒントで、子供達が文字の読み札をとる。

 歌「一月一日」一番のみ練習中。

 太郎は冬至の説明プリント一枚音読。
 通信講座の見本をやらせてみたが、一年生の分は難なくできるようでよかった。お蔵入りになっていた問題集を最近やらせている。一年前に比べて随分スムーズにできるようになっているので日本語も順調に進歩している証拠と安堵。
子どものための論理トレーニング・プリント子どものための論理トレーニング・プリント
(2005/01/25)
三森ゆりか


 当然次郎も問題をやりたがるので、百均国語ドリル。

 冬の歌シリーズ。「スキー」「たきび」「ゆき」「こぎつね」「あわてんぼうのサンタクロース」「お正月」「雪の降る晩」印刷して振り仮名を振った歌詞を見ながら皆で歌う。

 ビデオ「ちからんど」絵地図作り。
 「働くくるま」
 ユーチューブで「ブスカシ」

 太郎音読「鉢かづき姫」、たんたのたんてい (新しい日本の幼年童話 8)
 次郎音読、
うつくしい絵うつくしい絵
(1974/03)
かこ さとし



 読み聞かせ100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
 次郎が好きだったところは、白い猫が優しいところ。太郎が一番好きだったところは、縞のねこと白いねこが結婚したところ。

 子供達がまた昨日のドレミの歌の漫才を見たがる。
 太郎がしきりにドレミの換え歌を面白がって歌っているので、
 「ハーフの兄弟漫才師になる?」と聞くと、太郎
 「だめだよ、だって二人ともボケで突っ込みがいないから。」それがわかっていればよろしい。

 咳に効くという、大根蜂蜜を作る。就寝時間直前に夫が蜂蜜を買って帰宅したので、即席。蜂蜜のかかったさいの目大根をそのままがりがりと齧りいくらでも欲しがる子供達。夕食後だと言うのに。

 久しぶりにうたえほんの色々な歌を歌い聞かせ。
 「白ヤギさんと黒ヤギさん」を歌って、「どうしたらいいの?」とため息をついて見せたら、まだパジャマに着替え中だった太郎が戸口から顔を出して
 「電話したらいいんだよ」
次郎「あっウェブカム!」

 今夜は南瓜ケーキより羊羹をデザートに選んだ子供達。
P1290940.jpg
 昨日作ったネギ味噌は不評だったのに、今日は美味しいと良く食べてくれた。
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。くれぐれもご健康にご留意くださいませ。

サンタさんへお手紙


2009年12月4日 金曜日 曇り

 太郎の症状は相変わらずの鼻水、時々咽喉の痛み、痰がでたりでなかったりの咳が時々。熱や頭痛はなし。

 太郎は、「日本初、倒れたままの恐竜の化石発見」という記事を音読してから、質疑応答。
 子どものための論理トレーニング・プリントを一単元。「筆箱の説明(描写)」
 2年生の漢字音読。学習支援サイト向日葵より拝借。百円均一ドリルに比べて例文の中に読みが入っているので良い。

 次郎は昨日と同じ、国語ドリル。
P1290952.jpg

 サンタさんへのお手紙。
P1290962.jpg


 昨日と同じ冬の歌シリーズ。と、どろっぷすの歌、クラリネットこわしちゃった(これはもともとフランスの歌)。

 レゴ。ドラゴンのお城を作るのに夢中。

 絵具でお絵かきと年賀状。
 船に乗っている人の絵を切りぬいてあげたらこんな絵を描いた太郎。京都のお堀だそうだ。朝、壁に貼ってある五重塔の絵を見て「今日はあれを描きたい」と言っていた。
P1290956.jpg

 牛の骨を貼りつけて、火山。これも太郎作。
P1290957.jpg

 太郎に、年賀状に書く内容を教えて箇条書きにさせる。
P1290959.jpg

 次郎は賀詞に福を選んだ。上は下書き、下はまだ途中。
P1290960.jpg

 カルタは百人一首。次郎が神経衰弱をやりたがったので、最初3組、それから4組と増やしてやった。
 太郎は普通にカルタ取りをしたがったので、次郎の前には今やった馴染みの4枚プラス1枚。太郎の前にも5枚並べて自分の前のだけを取った。

 太郎音読たんたのたんてい (新しい日本の幼年童話 8)、第3章。

 次郎音読うつくしい絵、昨日の続き。

 ビデオ「変身トラック・バス」「緊急自動車」


 旧ブログを更新しました。
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


そろばん


2009年12月5日 土曜日 曇り 朝は一面の霜 気温は4度から5度止まり

 太郎は昨日に続き、子どものための論理トレーニング・プリント「報告しましょう…今日学校でしたこと」

 「百人一首 やりたい、お母さんと勝負したいから!」と太郎。昨日と同じ5枚ずつを並べて次郎が読んで私と太郎が勝負する。最近全然やっていないので、勝てるわけもなく悔しがっていた。以前の目標はどこへやら。「大江山・・・」と次郎が読んで次郎が酒天童子を思い出したらしく目を丸くして「大江山だって」

P1290967.jpg

 次郎がしきりに一人で眺めている古典シリーズ。お伽草子竹取物語・伊勢物語 雨月物語 東海道四谷怪談ほか
 お岩さんの絵を見て読んでくれとせがむので読みだすと太郎も寄って来て耳を傾ける。「どうして幽霊になったかはまだ難しいから、もっと大きくなったら読んであげる」

 太郎はそこにあった振り仮名付きの子供用新書を見開き一頁読んでいた。
武田信玄―風林火山の旗風 (講談社 火の鳥伝記文庫)武田信玄火山の旗風 (講談社 火の鳥伝記文庫)
(1986/06/15)
木暮 正夫


 図鑑などを出して来て、合戦の古典図にある旗印などをさがしたり、軍配は木でできたいたかなど、四方山話。
日本の歴史―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (6))日本の歴史―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (6))
(2000)
飯倉 晴武工藤 雅樹



 冬の歌シリーズ。「一月一日」「スキー」「たきび」「ゆき」「こぎつね」「あわてんぼうのサンタクロース」「お正月」「雪の降る晩」印刷して振り仮名を振った歌詞を見ながら皆で歌う。
「北風小僧の寒太郎」「ドロップスの歌」を追加。

 ユーチューブでまんが日本昔話「ゆうれいつぼ」を見る。

 家から徒歩で散歩。
 パン屋き竈発見。
P1290985.jpg

 ほら、ようく奥を見て、と、今だお尻を押せ!子供焼きのかまどだ。
P1290986.jpg


P1290992.jpg

 芽を出した栗の実。
P1290997.jpg

 モンブランバックだが、いまいち決まらない。
P1300019.jpg

 解け残った雪がちらほら。
 「ほら、銀色みたいに光ってるよ」と次郎。
P1300039.jpg


 昨日から、突然、「そろばんやってみる?」というと「やりたい」と言って、今日も気に入ってやっていた。次郎は1+1+1+と10まで足していき満足。太郎は1+2+3+と10まで足していく。今日はビデオは見ないの?と何度聞いても「ううん、そろばんやる」
P1290970.jpg

 「あすかちゃんはそろばんの名人で電卓よりも早く計算できるのよ~」と言うと、「今度絶対にやってみせてもらいたい」
P1300049.jpg

 太郎はそのあと一人でドリルもやっていた。
P1300059.jpg

 うたえほんを出して来て、「うたってちょうだい」と次郎。
P1300063.jpg

 ゆりかごの歌など歌って、眠そうにしていたのに、再び目覚めて、散歩では発散しきれなかったぶん、相撲をとっていた。
P1300066.jpg

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


1日3頁の法則


2009年12月6日日曜日 曇りのち小雨 気温は7度

 今朝は久しぶりに自彊術。百人一首を唱えながら股関節の運動。「こうやって覚えたらお母さんみたいに取れるのかあ」と太郎。だから前からそう言ってるのに。でも私はほとんど名前で取ってしまうので本当はズル。本当の歌留多会では名前は読まないのだから。

 太郎、二年生の漢字音読。今日の分と、昨日、一昨日の復習。3頁やるのがコツだが、毎日やらなくてはしかたがない。これは確か、受験時代に塾で習った秘訣。学習支援サイト向日葵より拝借。
P1300081.jpg

 太郎、子どものための論理トレーニング・プリント、昨日の続き。表にしたことをもとに報告文を書く。
P1300085.jpg

 次郎は国語ドリル。フランスでは野球はまったく存在しないスポーツなので、ばったに一文字加えてバッターというのが次郎は思いつかなかった。昨日は学校の校舎の絵があったのだが、二人とも学校とは見抜けなかった。フランスの校舎は新旧色々だが日本のような校舎はまずない。
P1300089.jpg

 次郎の作文。
P1300091_20091207043911.jpg

 冬の歌を歌う。スキー、ドロップスの歌。
なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
一月一日
あわてんぼうのサンタクロース
こぎつね
たきび

 散歩に出たが、案の定雨が降り出して早々に帰宅。P1300092.jpg

 太郎音読、かこさとし・ほしのほん (4) ふゆのほし
 次郎音読、うつくしい絵

 国旗カルタでカルタ取り、仲間分けなど。世界の国旗かるたは持っていないのだが、ポスターについていたのを切りぬいて使っている。
P1300116.jpg

 ビデオ「作業する車」

 太郎は牛乳を買いに行かなかったので、たんたのたんてい (新しい日本の幼年童話 8)を音読。
 読み聞かせ、バムとケロのそらのたび
 次郎には子守唄たくさん。

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、拙ブログを読んでいただいて、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


体育の時間に良い子でいます。×10回


 先日太郎が学校から持ち帰ったノートを見ると、
「体育の時間に良い子でいます。」
と10回書いていた。トロイ私はふーん、そんな例文?と大して気にも留めなかったが、夫は太郎を呼びつけて
「これはどういうことだ!体育をまじめにやらなかったのか!」
 これはフランスでは古典的な罰。他の子としゃべっていたと本人は言う。
 昼休みに月曜の先生に聞くと勉強はちゃんとしているが、確かに、友達と打ち解けてきて、興奮することがままあるとのこと。そんなにすぐ打ち解けて授業中ふざけているようじゃ、また早く転校させなくちゃ、と夫と冗談を言い合う。


2009年12月7日 月曜日 小雨 7度

 6時半起床、復活。朝の体操は自彊術と百人一首を唱えながら股関節の運動。
 朝のお仕事
 次郎は百円均一国語ドリル。
 太郎は二年生の漢字プリント3頁。学習支援サイト向日葵より拝借。
 子どものための論理トレーニング・プリント「お医者さんにかかるとき」視点を変えて考えてみましょう。
 音読、坊ちゃん 少年少女日本文学館 (2)1頁。

 昼休みの読み聞かせ
小学生の大疑問100〈パート2〉 (NHK週刊こどもニュース―図解版スペシャル)から「凹凸は漢字?記号?」
 日本の民話〈5(関東地方)〉―オールカラー版 (1970年)より「じごくけんぶつ」
 次郎は最近どうしてもフランス語が読めるようになりたいようで、読む練習をしたがる。短い絵本を一冊、単語を指さしながら読む。思えば一昨年、太郎も同じ状況だった。小学一年生と合併クラスの年長で、どうしてもフランス語を読みたがった。1年生のやることを見ていると、「自分も」と思うのと、「日本語は読めるのにフランス語は読めない」では気が済まないらしい。

 カルタは百人一首。はじめはカルタ取り。
P1300136.jpg

 そして神経衰弱。次郎が何度もやりたがるので10回以上やった。それでビデオを見る時間は無くなってしまった。
P1300153.jpg

 次郎音読、うつくしい絵
 太郎読書、たんたのたんてい (新しい日本の幼年童話 8)。昨日あと数頁で終わるところで時間切れになってしまったので、今日は早く読みたかったらしく、次郎が音読する横で黙読で最後まで読んでいた。

P1300188.jpg
 冬の歌を歌う。雪、スキー。
なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
一月一日
あわてんぼうのサンタクロース
こぎつね
たきび

 太郎は一人でソロバンを出して来て、ちょっぴりだけやっていた。楽しく右脳使ってね~
P1300159.jpg

 ソロバンに使った練習ワーク、コメントに張り付けられなかったので、こちらでご案内します。
パッチートレーニング 1―そろばん学習用教材パッチートレーニング 1―そろばん学習用教材
(2004/06)



 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、拙ブログを読んでいただいて、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


研修生泣かせ


 朝、太郎の先生と話をする。
 1、インフルエンザの症状のこと。
 2、席のこと。昨日の宿題は、パソコンの各部位の名称の綴りを書けるように覚えることと太郎が言う。月曜日だけ先生が違うので、期限は来週の月曜日まで。宿題のプリントを見ると、綴り字のとんでもない間違いだらけ。「先生は黒板に書かなかったの?」と聞くと「書いたけど…」本人の不注意だけが原因とすればあまりにひどい。最近教室をのぞいたら太郎は一番後ろの席。「黒板の字が良く見えないの?」「見えるけど、前に行った時、違うってわかることもある。」と要領を得ない。つまり良く見えていない。本人に「先生にそう言って席を前にしてもらいなさい」と言い渡したが、念のため私からも先生にお願いした。メガネは健康保険で下りるのは一年に一度だそうで、更新までまだ半年もある。
 3、「体育の時間に良い子にします」の件。「ああ、それはお話しておかなければと思っていました」と先生。「私達が先生の時は行儀よくしているのですが、研修生となると瞬く間に人を見て、ふざけ放題です。あの時も、気の合う友達と二人で本当にめちゃくちゃにふざけていて、二人ともこの罰を受けました。」先生がおっしゃる気の合う友達というのは、太郎の口から良く出る名前で、太郎曰く「悪い子」で「僕を蹴飛ばした」とか「僕の定規を折っちゃった」などと言う。顔に絵具などを付けて帰ってくるので「どうしたの?」と尋ねると、呼ばれて振り向いた途端その子が書いたなどと言う。

2009年12月8日 火曜日 晴れ
 6時半起床。朝の体操は自彊術と百人一首を唱えながら股関節の運動。
 朝のお仕事
 次郎は百円均一国語ドリル。
 太郎は二年生の漢字プリント3頁。学習支援サイト向日葵より拝借。
 子どものための論理トレーニング・プリント「絵の分析」。

 昼食時、牛タンに胡麻だれをだしたら、「これなあに?」「胡麻だれ」というと、食べながら太郎「ごまみそずい?」どうしてそんなことを言うのかと思っていたら、またしばらくして「昨日読んだのゴマミソズイだっけ?」

 昼の読み聞かせ
 太郎の希望で「マンホールからこんにちは」を途中まで。
 次郎の希望で昨日と同じ日本の民話〈5(関東地方)〉―オールカラー版 (1970年)より「じごくけんぶつ」
 そこで食べたのは鬼のへその胡麻雑炊だった。
 「じゃあごまみそずいはなに?」
 次郎「ねんねんねっころばしゴマミソズイでしょ」子守唄の聴き過ぎ~


 夕方下校してから
 歌
 ずいずいずっころばし
 ドロップスのうた
 冬の歌。雪、スキー。
 なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
 一月一日
 あわてんぼうのサンタクロース
 こぎつね
 たきび

 次郎は一言日記。
P1300206.jpg

 太郎の今日の宿題はフランス語の単語テストの勉強。教えた通り自分で日本語の問題を作ってやっていた。
 太郎音読、坊ちゃん 少年少女日本文学館 (2)1頁。
 マンホールからこんにちは
の続きを太郎が音読。
P1300240.jpg

えんぴつでなぞる・CDで歌える百人一首えんぴつでなぞる・CDで歌える百人一首
(2007/10/19)
青柳 隆志


 太郎「これいいよ、絵も載ってるから」子供達は絵で歌を覚えているものがあるようだ。
P1300205.jpg

 カルタは百人一首の神経衰弱。

 読み聞かせ日本の民話〈5(関東地方)〉―オールカラー版 (1970年)より「したきりすずめ」

 ビデオ「緊急自動車」

 次郎はシャワーで頭と体を洗う手順の練習。

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 くれぐれもご健康にご留意くださいませ。




サンタクロースはいるかいないか?


2009年12月9日 水曜日 晴れ 気温は6度

寝坊して8時起床、体操はなし。

 朝のお仕事
 次郎は百円均一国語ドリル。
 太郎は二年生の漢字プリント3頁。学習支援サイト向日葵より拝借。
 子どものための論理トレーニング・プリント「絵の分析」のつづき。
 
 掃除、掃除機かけ、絨毯コロコロ

 読み聞かせ
 太郎の希望で昨日と同じ日本の民話〈5(関東地方)〉―オールカラー版 (1970年)より「したきりすずめ」「かにもんどう」「おおどしの火」「ばかむこばなし」

 作文「サンタクロースはいるかいないか」
 太郎
P1300250.jpg

 次郎
P1300251.jpg

 太郎は通信教育の見本、国語「擬態語」
 
 歌は歌詞ファイルを見ながら歌いたい歌を復習。
 アルプス一万尺。おもちゃのチャチャチャ。アイスクリームの歌。線路は続くよどこまでも。かかし。黒猫のタンゴ。
 ずいずいずっころばし
 ドロップスのうた
 冬の歌。雪、スキー。
 なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
 一月一日
 あわてんぼうのサンタクロース
 こぎつね
 たきび

 カルタは百人一首の神経衰弱。

 太郎音読マンホールからこんにちはキリンの章。

 まんが日本昔ばなし「産女の幽霊」

 4時頃突然、次郎が痛いというので首を見るとリンパ腺が腫れている。熱は38度、39度と5分ごとに上がる。薬を飲ませて寝かせる。

 太郎はソロバンを始める時、「はじめましては~」のかわりに、「さん~ハイ!十たす千は?」合唱と間違えている。

 「明日の遊びの準備してるの。」と地図に何か印を付けている。敵がどこにいるかをマークしているらしい。日本滞在ノートをめくって色々読んで懐かしがりながらも、色々な場所の地図を利用して書きこんでいた。
P1300255.jpg

 次郎の熱は38,3度で落ち着いている。明日朝医者へ連れて行くが、インフルエンザAと診断されるだろうか?これで週末楽しみにしてた日本人会の忘年会もおじゃん。それよにりなにより、太郎のように軽くあっけなく済んでくれることを願う。
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 皆さまも、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。



予防接種の引換券到着


2009年12月10日 木曜日 晴れ

 次郎は今朝起きぬけの体温は38,6度。リンパ腺は相変わらず腫れていて、触ると痛がる。朝食はいつも通り食欲旺盛。朝一番で次郎をお医者さんへ次郎を連れて行く。
 ひどい咳をする人を含め、大人3人がいたので、うちは4番目。30分待ち。そのうち子供も大人も混ぜて10人ほどが待合室にひしめく。なぜか年輩者はいなかった。
 診断は扁桃腺炎。咽喉の奥の唾液を採取して、その場でウイルス性かどうかのテスト(3ユーロ)。陰性なので抗生物質は必要なし。熱が下がるまでは家で休養。人に写さないようにマスクをするようにとの指示。始終「本当に良い子だね」とお医者様に褒められた。一人なら良い子なのだ。行く前に先生の質問ににきちんとフランス語で答え良い子にするように言い渡してもおいた。「いつもこんなに良い子なの?」と先生、「それは・・・」と私。帰りがけにももう一度先生「本当に良い子だったね、今日は」
 薬局へ寄り、マスクは無料。鎮痛解熱剤は健康保険で無料。薬局の薬剤師は殺菌ジェルを進めるので小さい瓶を買う。

 家に戻ると結構元気で、歩きまわりながら一人で1から100まで唱えて、100まで言えたことに自分で感動していた。「100なんて、多くて絶対数えられないと思ってたよ」
 そこで、ソロバンでもやってみた。
P1300260.jpg

 昼食があまり進まず、解熱剤を飲ませて寝かせる。眠りたくないようで本を読んで読んで欲しいと言う。次郎の枕元で読み聞かせ。日本の民話〈5(関東地方)〉―オールカラー版 (1970年)より「ばかむこばなし」

P1300264.jpg
 昨日届いたピアノの教本。次郎がやってみたいと言うのでさっそく4小節ほど、右手と左手を別々にやってみる。少し練習しただけでできて、本人もご機嫌。楽譜の読み方も少し練習。
バーナムピアノテクニック(導入書)バーナムピアノテクニック(導入書)
(2007/10/12)
エドナ メイ バーナム



 太郎が学校から持ち帰った作品。
P1300295.jpg

 太郎はこちらから頂いた楽譜できらきらぼしを練習。その後はアラベスク(ブルクミュラー25より)
P1300261.jpg

 カルタは百人一首の神経衰弱。今までの札に5組ほど足した。

 次郎音読、うつくしい絵うつくしい絵より「北斎」

 太郎音読、マンホールからこんにちは昨日の続き。P1300280.jpg

 よほど気に入っているらしく、今日はあとがきまで一人で読んでいた。
P1300291.jpg
 
P1300303.jpg
 今日、太郎と次郎にインフルエンザAの予防接種の引換券が郵送で届いた。無料で受けられる。太郎のインフルエンザが本当にAだったのなら受ける必要はないし、次郎は扁桃腺が腫れているので今はそれどころではない。太郎はおたふく、風疹、麻疹の3種混合予防接種も買ったまままだ打っていない。
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 気をつけるべきはインフルエンザだけではありませんでした。
 皆さまもくれぐれもご健康にご留意くださいませ。



お金とソロバン遊び


2009年12月11日 金曜日 晴れ

 太郎は二年生の漢字プリント3頁。学習支援サイト向日葵より拝借。
 子どものための論理トレーニング・プリント「論理的に考えましょう」論証。
 音読坊ちゃん 少年少女日本文学館 (2)

 次郎のクラスで日本の紹介をするために、硬貨を綺麗に洗ったので、次郎と一緒に遊んでみた。最初は額の小さい順に並べたのだが、ふと気がついてソロバンのような表にして上に置いてみた。  
P1300315.jpg

 夕方帰って来た太郎もやってみて気に入り、何度も「もっと問題を出して」とやる。
P1300334.jpg

 次郎が首がかゆいと言うので、見ると赤いポツポツが二つ。昼食後に裸にして見たら体中にポツポツが。とりあえず、太郎の時のように赤チンを塗る。昨日行ったお医者さんに電話して、治療の指示を受け、診療には来なくてもよいと言われる。
P1300318.jpg

 水泡が出切って乾くまで約一週間。クリスマス休みまで休園。
 幼稚園へ電話を入れると、次郎のクラスで4人水疱瘡がでているとのこと。
 明日の教会でのクリスマスコンサートは残念だが欠席。子供達がクリスマスに因んだ歌を歌う。

 次郎の臨月、太郎1才半の時に水疱瘡にかかった写真を出して来て一緒に見る。私は水疱瘡をしていないので危険だった。
P1300387.jpg

 太郎の治療から5年半、次郎の治療は白い薬だった。スプレー式でかゆみを和らげ乾燥させる薬。
 P1300354.jpg

 右の殺菌ソープで洗ってから、左のスプレーを水泡に噴射。
P1300392.jpg
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 インフルエンザ、扁桃腺炎、水疱瘡、その他にもいろいろありそうです。
 今年中に色々終えて、新たな年をすっきり健康に迎えたいものですが・・・
 皆さまも、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。



 もみじさんのリクエストで次郎のピアノ動画をアップしました。



教会で合唱~クリスマスコンサート


P1300432.jpg






ライラ

良いことがありますように!

アンコールでもう一度ライラを聴衆の手拍子足調子に合わせて歌った。

7年を振り返る


2009年12月12日 土曜日 3度 昼過ぎに少し雪が舞った

 朝の勉強は太郎だけいつもと同じ。
 カルタは百人一首の神経衰弱。今までの札に5組ほど足した。
 次郎音読、うつくしい絵うつくしい絵より「北斎」の続き。
 次郎はバーナムピアノテクニック(導入書)「歩く」の続きを最後までできた。

 昨日は子供達と写真の整理をした。二人とも赤ちゃんの頃、小さい頃の写真を見て話を聞いて大喜び。子供達ちが欲しがる写真をあげた。子供達はサンタさんに写真を入れるアルバムを注文。子供が欲しいと言うのをあげて、それぞれのアルバムに収めさせる予定。昨日の続きで、太郎が生まれてからの写真を一気に整理する。これえデジカメ以前の写真が整理できた。
 写真の箱が空いたので、手作りカルタを子供と種類別に整理する。動物、乗り物、体、文作り・・・など。

 太郎がクリスマスプレゼントに欲しい本。書名、出版社を控えるために先生が貸してくださった。葉っぱから木を調べる本。
P1300396.jpg

 クリスマスコンサートは10時学校集。太郎は、上は白、下はジーパンでパパに送ってもらう。昨日の夕方時間や場所を記したお手紙をもらっていなくて、慌てて友達に電話をかけて聞く。太郎が休みの間にお手紙を配って太郎の分は忘れられたのか、太郎のことだからぼやっとしていてもららい忘れなくしたのか? 

 次郎は自宅待機。昨日より水泡は増えているが、軽い方だと思う。本人はいたって元気。「イネスの背中は迷路見たいだったよ」というのが私には「メロン見たいだったの?」と聞こえてしまって「違うよ~迷路だよ~」と大笑い。斑点があり過ぎて迷路のようだったというのだが、私は夕張メロンの表面を想像してしまった。
P1300400.jpg

 次郎は先生に一筆箋に一言書く。日本のサンタさんからのプレゼントです、と渡す予定。太郎は同じものを今日、担任の先生に渡した。
P1300437.jpg

 次郎が紙を透かして見て「この紙、薄いね。」と言うので、「これは和紙よ、和紙を作ったの覚えてる?」と和紙作り体験の写真を一緒に見る。

 フランスではコウノトリが赤ちゃんを運んでくると言われる。男の赤ちゃんの誕生通知に貼ってあった切手。これを見た太郎「あっ緑丸がおにぎりを運んでる!」島に置き去りにされた百合若大臣の可愛がっていた鷹がおにぎりを運んでくるのだ。
P1300447-1.jpg
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 江戸っ子の健康法は「一に眠り、二に眠り、三に赤ナス(トマト)、四にめざし」だったそうです。怠け者の私には最適の健康法ですが、師走ですから早々寝てばかりもいられませんね。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


暗~い誕生日


2009年12月13日 日曜日 零度

 朝一番に、山のおじさん、おばさんからいただいた誕生カードを読む。
 次は、ばあばがスカイプでおめでとう。
 「朝から世界中のみんなにお祝いしてもらって幸せだね、太郎は」「うん」
 太郎、7歳の抱負はスキーの名人になること。

 それでも気を引き締めて、朝のお仕事は二人ともいつも道理。

 午後は従弟のびぃちゃん家族からウエブカムでお祝いしてもらう。

 昼食の後のデザートの時間、誕生ケーキを用意する。
 パパからのプレゼントを次郎が太郎に渡す
P1300471.jpg

P1300554.jpg

 次郎からのプレゼント。次郎はまだまだ幼く、太郎がもらったプレゼントにヤキモチを焼いてべそをかく。
P1300563.jpg

 ケーキを食べて、
 誕生日コンサートで次郎、太郎がピアノを弾く。
 その時、事件は起こった……

 プレゼントの腕時計は太郎の手首には少し大きく回ったりずれたりするので、ピアノを弾くのに気になるらしい。
「ピアノを弾く時は腕時計や指輪は外した方が弾きやすいのよ」、と言うと、はずした拍子に床に落とした。
「メガネのようにいつも探し回らないように、はずしたら置く場所を決めなくちゃね」
「どこにする?」
「ピアノを弾くためにはずす時は、ピアノの上で良いじゃない」
 太郎が時計を下向きに置いたので
「下向きに置くとガラスに傷がついちゃうから上向きに置くのよ」
「もう傷がついてるよ」
「ええっ、見せてごらん」
 見るとガラスの左上3分の2くらいひびが入っている。
 パパは唖然。太郎は何も言いもせず、途中だったピアノの練習を続ける。終わって様子を見ていると他のことを始めそうなので、
「パパに何か言うことないの?」というと、パパの前に来て
「パルドン」とフランス語でごめんなさいとあやまる。
 夫は怒り心頭に達して、太郎を叱りつけたのはこれが初めて。
 その日は寝るまで太郎のことを怒っていた。
 明日までの宿題を終えていない太郎にそのことを言ったので始める。
 私が見直しても綴りが間違っていることがあるのでパパに見てもらいなさいと言うともって行く。
 何度も間違えて、
「いい加減に真面目にやれ」と怒鳴られていた。本当にこんなことは初めて。

 フランス人はよく謝る前に「わざとやったんじゃない」という台詞を吐くが、私にはそれはちょっと許せない態度。
 太郎は大なり小なり、うっかりの失敗を5分毎にする。本人は否定するが、失敗して叱られると、うつむいて、反省したような様子を見せながらも、わざとじゃない、不注意で起こった事なんだからしょうがない位に思っている風がある。私がいくら言い聞かせても、怒鳴っても「気を付けないことが悪い事なんだ」という自覚がない。それは父親が厳しく叱らないからだと私は思っていた。だから何度も言うようだが今日のように、初めて本気で父親に叱られて、太郎が変わってくれれば、それはそれなりに、7歳の意義ある誕生日だったと私は思うのだが、厳しすぎるだろうか。
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 お祝いに来てくださった方には、気まずい記事になってしまいましたが、誕生日を機に真の成長を遂げてくれればと願っています。
 どうぞ皆様、心身ともに、ご健康にご留意くださいませ。






韻を踏むって・・・


2009年12月14日 月曜日 零下2度から零度

 朝の体操・お仕事はいつもと同じ

 次郎は一昨日の夜は何度も「痒いとか気持ち悪い」と起きてきて辛かったが、昨日はぐっすり眠り、水ぼうそうも増えてはいない様子。

 休み休み年賀状を書いて、あとは寅の絵をかくまでにこぎつけた。
P1300636.jpg
P1300638.jpg
P1300639.jpg
P1300637.jpg


 太郎音読、100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
 「太郎このお話好きなんだよね」と太郎。私が初めて読み聞かせた時はそれほど感銘を受けた様子ではなかったのに、昨日もこれを選んで読んでいた。

 次郎音読、うつくしい絵、ゲルニカ。

 カルタは昨日は体の部分、今日は動物。

 今日は太郎もバーナムピアノテクニック(導入書)に挑戦。1.歩く、はすぐにできたので、2、走る、に挑戦中。

 夕食時、太郎がパパに
「今日学校で自分の名前と韻を踏む言葉を探したんだよ」(フランス語の詩は脚韻しか存在しない)
 皆夢中になって、太郎の名前と脚韻を踏む言葉を探す。なかなかない。
「日本語なら簡単なのになあ」と夫でも3つくらい見つけた。その後、次郎の名前のも探したり、次々と家族の名前で韻を踏む言葉を探す。
 次郎はいくつ言っても的外れな言葉ばかりで一笑に付される。

 寝床でパパに次郎がフランス語で
「パパとパプーって韻を踏む?」
「えーっ踏まないよ。韻を踏むってどういうことかわかってるの?」
「わからない?」
パパ、布団に顔をうずめて爆笑。そのあと、最後の音が同じなんだよと教えたそうだ。
 頭韻は踏んでるんだけどね、そういうのはフランス文学にはないので、残念!
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 子供には日本語教育と称して書かせていますが、実は私自身は海外在住で年賀状から解放されてほっとしています。字が下手なのと芸術的センスの欠如が一番の理由です。子供は伸び伸びかけていいですねえ。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。



冬の歌


 雪
 スキー
 お正月

 なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
 一月一日
 あわてんぼうのサンタクロース
 こぎつね
 たきび

 ずいずいずっころばし
 ドロップスのうた

 クリスマス後に追加しました。
 
 ふしぎなポケット
 なかよしこみち
 蛍の光
 桃太郎
 餅つき

神経衰弱します


2009年12月15日 水曜日 曇り  零下2度~零下1度

 朝の体操・お仕事はいつも通り。

 次郎は昨日もした暗唱、ノートを見て復習。

 次郎と、昨日できなかった折り紙。
P1300642.jpg

 昼休みに、太郎が学校から戻って来て冬の歌をうたおう!
 指揮をするのが気に入っている。どの歌も随分上手になった。
P1300643.jpg

 音読は二人とも昨日と同じ。
 カルタは百人一首の神経衰弱。私はその名の通り疲れるのであまり参加したくないのだがいつも逃げる訳にもいかない。しかし、これはめくるたびに読むので、ただのカルタとりの10倍くらいは歌を声に出して読むことになる。お陰で朝の時間の太郎は随分暗記しているし、時々次郎までも色々と口ずさんでいる。

 折り紙で作った物を次郎が太郎に見せると欲しくなり、だまし舟を折る。 
 ビデオ「緊急自動車」「しまじろう」
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


貧乏神って?


2009年12月16日 水曜日 ときどき雪が舞うが積もるほどではない 零下3~2度

 7時50分起床で、朝の体操・お仕事はいつも通り。

 太郎も年賀状を書き、次郎は寅の絵を描いて仕上げ。
P1300651.jpg

 上は従弟へ。右下は日本でお世話になった小学校の先生とクラスの皆さんへ。
P1300684.jpg
P1300682.jpg

 太郎は冬至のプリントの続きを音読。「クリスマスの起源」というところに来て、「だから読むのかあ」

 ここ数日、
「大掃除をして家をきれいにしてないと新年に神様が来てくれなくて、貧乏神がきちゃう」と繰り返し脅している。私は換気扇・オーブンなど台所回り。子供達は喜んで窓ふき。4枚仕上げて、
「もっとやりたい」と太郎、
「もう、カルタと音読してテレビ見ないの?」と私、
「みないよ、みない、ね、テレビなんて見ないよねー次郎」と太郎、
「うん、もっと掃除したい」と次郎。
P1300664.jpg
 結局私の方が昨日から頭痛がして体力の限界なので、頼んで掃除は止めてもらう。
 次郎が
「貧乏神ってなに?」と言っていたので、正月のお話を読まなくては。福娘でキーワード検索をかけるといろいろ出てくる。しかし去年、幼稚園のお迎えを忘れるほど苦心して作ったお正月語彙カルタも引っ越し以来でてこない。

 音読は太郎、100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
 次郎は、うつくしい絵を読み終わる。なかなか良い本だと思った。私が「お母さんの知らないことばかり書いてあって本当に勉強になる」と言うからか、次郎も随分興味をもって絵の解説を読んでいた。

 カルタは今日は、百人一首のいつもの札を二人で並べて、太郎が読んで次郎がとっていた。でも読んでいたのは下の句だけ。それではもったいないので、途中から私が読む。

 もう卒業したのかと思ったら、最近また「しまじろう」の同じビデオを繰り返し見ていて、今日は「お昼寝音頭」を二人で楽しそうにビデオを見ながら歌っていた。7歳になった太郎もまだまだ精神年齢は次郎と同じ幼稚園の部分もある。だからこそ、仲良く遊べるのだが。幼稚園、学校でも英語の授業があるので、しまじろうに出てくる英語のシーンも喜んで繰り返して言ったり、「お母さん英語で○○ってなんていうことか知ってる?」などと次郎は得意そう。

 次郎とハンバーグを作る。

冬の歌をうたいましょう 

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。
 ど






先生ありがとう!


2009年12月17日 木曜日 雪が降ったが積もらず 気温は零下4度~3度

 朝の体操・お仕事はいつも通り。次郎は頭が痛いと言って体操の時間は寝ていた。
 次郎は百円均一の国語ドリル。
P1300685.jpg

 太郎は漢字。
P1300686.jpg

 次郎は今日からようやく幼稚園へ復帰。クリスマス休暇まで残りわずか二日だが。
 夕方帰宅するとびっくりすることが・・・

 次郎の日本の幼稚園の先生から、待望のクリスマスカードが届いていた。

 先生が綺麗な平仮名で書いてくださったお手紙を一生懸命読む。P1300694.jpg

  幼稚園の行事やクラスのみんなの写真をたくさん送ってくださった。
P1300708.jpg

 「これがやぶくん、これがひろくん、これが次郎の好きなまなちゃん」
P1300721.jpg
 先生の手作りの美しいクリスマスカードも矯めつ眇めつ感嘆していた。

 次郎は、今日はフランスの幼稚園からもお持ち帰りの品が色々。
 前は、マチスを見本にしたコラージュ。
P1300738.jpg

 
P1300739.jpg


P1300740.jpg


P1300775.jpg

 家族の肖像。
P1300803.jpg

 二学期に勉強したプリント。
P1300817.jpg

 そして、通信簿。中身はオールA!いつもミックス孫たちのフランス語を心配しているフランスのおじいちゃんに見せなきゃね、とパパ。
P1300812.jpg

 パパに日本の幼稚園の先生からのお手紙を訳してあげる次郎。なかなか上手に訳していてびっくり。
P1300881.jpg
 
 夕食の時、
「次郎、あんなに上手に通訳できるようになって凄いね。次郎、もっと小さい時、『次郎フランス人のお父さんになりたい、だってフランス語わかんないんだもん』って言ってたの覚えてる?」次郎は照れ臭そうに
「ああ、そうだね。覚えてる。」パパが、
「今はどんなお父さんになりたいの?」と聞くと、次郎 
「そりゃあもちろん日本人とフランス人のお父さんだよ。だって次郎はフランス人と日本人なんだからさ。」
 こういう機会ができたのも、お忙しいのに日本から先生が次郎に心のこもったクリスマスカードを送ってくださったお陰です。先生本当にありがとうございます。先生がいつもブログを見てくださっていると読んで、ピアノも頑張ってるよと早速練習していました。本当にありがとうございました。

 太郎音読、マンホールからこんにちは

 次郎は一人で百人一首の読み札と取り札の組を見つけて作っていた。
 P1300831.jpg

 読み聞かせ「貧乏神と福の神」。福娘で「お正月」などキーワード検索すると季節のお話が出てくる。

冬の歌をうたいましょう 

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


クリスマス休暇!


2009年12月18日 雪がちらちらと舞う 零下3度
 
 夜のうちにうっすらと2センチほど積もった。

 朝の体操・お仕事はいつも通り。

 次郎は今朝の言い訳は腹痛で、相変わらず体操をサボる。
 次郎は国語ドリルの質問の意味がわからないことがままある。私が噛み砕いて意味を言い直せば、ああそうか、という感じ。やはり、日常的に正確な文で受け答えしなければいけないと反省する。一年生のドリルだから5歳半の次郎には無理もないのかもしれないが。昨日フランスの幼稚園から持ち帰ったプリントを見ると、仲間分けなど似たようなことをやっている。質問の意味はやはりフランス語でも先生が安易な口語に直して説明するのだろう。

 雪の中、登校・登園。

 太郎の通信簿は、「フランス語で文章を書く」というのが既習得=Aではなく、習得中だった以外はオールA。所見には、大変良い一学期、特に算数が優秀。がんばることは、字を綺麗に誤字脱字と授業中のおしゃべりに注意!
 返されたテストを見るとすぐにわかる。解答を書いた後全く見なおしていない。

 今日は学校にサンタさんが馬車に乗って来たそうだ。「遠くから来て疲れた疲れた」と何度も繰り返し、「君は良い子だったかな?」と皆に聞きながらプレゼントをくれたそうだ。中身はミカンとチョコレートとキャンディーの杖。

 雪も少ないし、傾斜も足りないかもしれない。明日はもっと積もるかな?
P1300890.jpg

 カルタは百人一首の神経衰弱。
 ビデオは「ダーウィンが来た」
 太郎音読は100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
 ピアノは太郎、アラベスク、左手和音伴奏できらきらぼし。次郎、バーナム、1、歩く。右手だけでドレミの歌。

冬の歌をうたいましょう 

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。




日本脳炎で


2009年12月19日 土曜日 零下9度~7度

 朝の体操・お仕事はいつもと同じ。

 朝食後のお楽しみはこれだった。
 お魚かるたに「兵隊さんにあげたい太刀魚」というのがあるので、どうしても子供達に本物を見せたかった。でも子供達にこれなんだ?と聞いてもなかなか答えを見つけられなかった。
P1300898.jpg

P1300902.jpg

P1300906.jpg

P1300911.jpg

P1300914.jpg

P1300916.jpg

P1300927.jpg

P1300932.jpg

P1300943.jpg

P1300946.jpg
 
 タコはキロ7ユーロで12ユーロ
 太刀魚はキロ8ユーロで11ユーロ
 終わってから般若心経唱えなきゃねと言いながら、他のことに気を取られていたようで、南無阿弥陀仏と手を合わせただけだった。

 太郎は今日、同じクラスの3年生の女の子のお誕生日に呼ばれていった。迎えに行く6時ころから親たちもアペリティフに招かれて、久しぶりにちょっとした飲み会に参加した。
 招待してくれたお母さんは、日本人の知り合いがいると言う。聞けば、子供が4歳の時にお母さんと一緒に日本へ一時帰国して日本脳炎にかかり、2ヶ月間昏睡状態に陥り、未だに病院から出られず、フランス人のお父さんは一人でフランスに残っているそうだ。そんな怖い話を聞いて、日本に帰るからにはやはり日本脳炎の予防接種をするべきだと思った。
冬の歌をうたいましょう 
 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


トノンで初スキー


2009年12月20日 日曜日 雪

 朝の体操・お仕事はいつも通り。
 次郎は国語ドリルのあと、暗唱ノートの復習。
P1300951.jpg

 夫の旧友の家族が、車で一時間ほどのトノンという所にバカンスに来ているので、会いに行く。
P1300957.jpg

P1300960.jpg

 それぞれのゲレンデに分かれて、我が家は子供ゲレンデ。
 次郎はパパと、太郎は私と今年の初スキー。
 太郎はスキーを持って歩くことができ。P1300984.jpg

 スキーを一人で着脱、倒れて一人で起き上ることができ。
P1300991.jpg

 ボーゲンで速さ調節と小回りが出来るようになり大満足。
P1300997.jpg

P1310012.jpg
冬の歌をうたいましょう 

 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださいませ。


「ん」のつくもの食べましたか?


2009年12月22日 冬至 夜になり雨

 昨日の雪景色。
P1310044-1.jpg
 
 昨日のレバーの焼鳥。
P1310050.jpg


 一時期の寒波は去り、今日は11度。うっすらと積もっていた雪も跡形もない。
 夫は8時半に出勤、太郎が10時に目を覚まして一人で体操、私も起きて、次郎におかゆを食べさせる。昨日の昼食後から次郎は熱を出して寝込んでいる。
 スキーの日は零下8度と随分寒かったからか。

 今日は冬至。「かぼちゃたべなくちゃ」と太郎と顔を見合わせる。私も次郎ほどではないが疲れて気力が無いので、
「んの付くものだがら、パン食べたから良いよね」なんて、いい加減なことを言う。太郎の冬至のプリントにナンキン(南瓜)など「ん」の付くものを食べると運盛り、一陽来福に因むと書いてあったのだ。
 太郎と、4泊5日などと数えて持物リストを一緒につくる。「パクって何?」「泊まるってこと」「ああ2拍の拍かと思った」「二拍はパンパンて手でたたくからてへん。泊まるほうはさんずい」と書いて見せる。

 昨日からだるかったり偏頭痛がしたりしたので、次郎と昼寝。今日も朝寝。昨夜は次郎に解熱剤を飲ませようと起きると体が痒い。久しぶりに蕁麻疹が出た。疲れがたまっているのだろう。

 太郎は朝起きてきて、
「今日は朝の勉強と、お話を書くの」と勇んできた。見た夢と本の話を混ぜてお話を作ったそうだ。はじめてであうシートン動物記〈1〉オオカミ王ロボ・あぶく坊主を出して来て見ながら書いていた。題名は同じだけど、人間じゃなくて、最後にオオカミ王ロボが勝つのだそうだ。
P1310098.jpg


 太郎は家じゅうの掃除機をかけてくれたり。次郎の体温計や薬を持ってきてくれたり、お手伝いも沢山してくれた。

 夕方次郎が小康状態になり皆でピアノの練習。バーナムピアノテクニック(導入書)は一曲が短くてどんどん次へ進めるので二人で競ってテストをして判子を押してあげた。

「紙飛行機も上手に飛ばせるようになったんだよ」と投球のような構えを見せて太郎
「前の、マンホール王だっけ?」
「ええっ何のこと?」
「ああ違う、ホームラン王だ」

 明日から27日まで、義父母の家へ行き、クリスマスの集いがある。子供達は指折り数えて楽しみにしている。次郎が良くなればよいのだが。


冬の歌をうたいましょう 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、楽しいクリスマスをお過ごしくださいませ。
 次回の更新は27日以降になると思います。



お正月に向けて


 お正月を迎えるにあたって、やはり一冊行事の本を購入しようと思案中。
 このお正月には間に合わなくても、他に良い本があれば、ご推薦ください。


おうちで楽しむ にほんの行事おうちで楽しむ にほんの行事
(2006/11/17)
広田 千悦子

商品詳細を見る


おうちで楽しむ にほんのもてなしおうちで楽しむ にほんのもてなし
(2008/11/14)
広田 千悦子

商品詳細を見る


おうちで楽しむ にほんの習わしおうちで楽しむ にほんの習わし
(2009/12/18)
広田 千悦子

商品詳細を見る


子どもと楽しむ行事とあそびのえほん

子どもと楽しむ行事とあそびのえほん
(2007/06)
すとう あさえ

商品詳細を見る



知っているとうれしい にほんの縁起もの知っているとうれしい にほんの縁起もの
(2008/05/30)
広田 千悦子

商品詳細を見る


親子で楽しむ365日暮らしの行事親子で楽しむ365日暮らしの行事
(2008/11/01)
早未 恵理

商品詳細を見る



「和」の行事えほん〈2〉秋と冬の巻「和」の行事えほん〈2〉秋と冬の巻
(2007/10)
高野 紀子

商品詳細を見る



「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻
(2006/06/26)
高野 紀子

商品詳細を見る




クリスマスの大移動


2009年12月23日 水曜日

 お昼に家を出発、ツールーズの義父母の家へ向かう。

 クリスマス休暇の大移動で、高速のレストランも席に着くまで30分以上も待ち、レストランを出たのは二時間後の3時。
P1310105.jpg

 チェーンレストランの名はクルト・パイユ。直訳短い藁しべ。数本の藁しべの中から短いのを引いた人が貧乏くじを引いたことになる。
 子供達がもっと小さい頃パパがいつも歌って聞かせた「小さな船乗りの歌」。この主人公は、船が遭難した時に食料がなくなり、この貧乏くじを引いて、他の乗組員に食べられてしまう。
 席に着く順番をまちながら、子供達にこれらの話をしたが、この歌をすっかり忘れてしまっているようだった。

P1310120.jpg

 夜、9時前に到着。私達を待っていてくれたので、それから食事、就寝。

サンタさんは遅れてる?


2009年12月24日 木曜日

 昨日の長旅の疲れもなんのその。少し寝坊をすれば元気いっぱい。
 朝食に下りる前に朝のお仕事。
P1310124.jpg


 いつも子供達が楽しみに、食事の残りの硬パンをあげている羊は、ついに残り3頭になってしまった。
P1310127.jpg

 アブサンの歴史についてまとめられた本が自費出版され、著者から数冊謹呈された。義父(写真手間)の父が最後のアブサン製造者だったのだ。
P1310135.jpg

 太郎は早速ピアノに向かってこの数カ月の成果をご披露。太郎がピアノを弾いて見せるのは初めてだったので、みんなびっくり。次郎ももちろん後に続く。そして、従兄も。
P1310136.jpg

 従兄姉たちはお母さん方の祖父母の家でクリスマス会があるので、昼食後帰ってしまう。
 クリスマスイヴの夜は何事もなく過ごす。


冬の歌をうたいましょう 

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 雪や渋滞に会い予定より2時間多くかかりましたが、無事帰宅いたしました。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 


日本からの年賀状が届きました!


 日本の小学校のクラスの先生とお友達が書いてくれた年賀状が届きました!
P1310632_20091229072558.jpg

P1310628_20091229072115.jpg
 先生どうもありがとうございます。
 一年一組のみんな、どうもありがとう!
 フランスでも縄跳びをがんばりま~す!



2009年12月28日 月曜日 雪

 朝の体操、自彊術と朝のお仕事はいつも通り。

 朝食後、次郎がかゆがるので絆創膏をはがす。実は、25日の夜、怪我をして二針縫ったのだ。十日位で抜糸の予定。
P1310619.jpg

 
CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】
(2003/09/30)
齋藤 孝


 車の中でCDを幾度も聞いて一緒に言っていたように、今日も次郎が両手をかいくりさせながら寿限無をやって見せるので、夫が太郎に詳しい説明を求める。太郎がフランス語で説明してあげて、私も本を出して来て、更に詳しい話を説明する。
声に出して読んで聞かせる古典落語声に出して読んで聞かせる古典落語
(2006/12)
盛本 康成


 「名は体を表すから良い名前をつけなくちゃ」と親があれこれ思案するのだと言うと、フランスでも同じことを言うと言う。
 その名を背負って生きていく子供はやはりそれなりに名前にふさわしい人物になるというのはあながち嘘ではないと思う。


 太郎が次郎にせがまれて「今度はこれ、次はこれ」と随分沢山の笑い話を読んであげていた。その後はクリスマスプレゼントにもらったフランス語の本も読んであげていた。
おかしさドッカン わらい話 (新・日本のおばけ話・わらい話)おかしさドッカン わらい話 (新・日本のおばけ話・わらい話)
(1996/07)
木暮 正夫


P1310624.jpg

 クリスマスに親戚中の前で初めてピアノを弾いて見せて大喝采だったので、太郎は新しい曲に挑戦。今日は最初の4小節を両手で弾くところまで。指導の手引きも合わせて買ったので教えやすい。 
CD付 プレインベンションCD付 プレインベンション
(1998/12/10)



 
 次郎は「百合若大臣」を最後まで読み切った。

 私が読んで、子供二人が百人一首のかるたとり。読み札も一緒に床に並べて取った。上の句を読んで下の句がとれるものがいくつか出てきた。

 子供達と一緒に、持って帰った着替えやプレゼント、家のクリスマスの飾りつけをしまって、明日はお正月の飾りつけ。

冬の歌を歌いましょう 年末・お正月に向けて、歌を追加しました。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 クリスマスの記事は追ってアップいたします。もう少々お待ちください。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 


昼に来ちゃったサンタさん


 記事が前後しますが、クリスマス会を終えて義父母の家から我が家に戻った日のことです。

2009年12月27日 日曜日

 行きは南周りでモンペリエ経由だったので、帰りは変えて中央山地経由を取ってしまった。これが大失敗。雪が降り出して除雪車の後ろをのろのろとついて行く大渋滞にはまってしまった。予定より2時間も遅れて、9時間もかかった。
P1310588.jpg

 車中で活躍したのは歌と日本語のCD。太郎は初めて歌詞カードを見ながら歌っていた。この童謡のCDも7年も聞けばもとがとれたというものだ。「もう一回!」と何度も歌いたがる歌もたくさんあった。これくらいの歳になってようやく、歌詞の意味に耳を傾けて考えたりするようだ。「声に出したい日本語」のほうも「なんだって、うちのじゅげむじゅげむ……こぶがひっこんじゃった」と落語の台詞をまるごと一緒に唱えていた。
P1310589.jpg
よいこの童謡よいこの童謡
(1997/09/20)
塩野雅子松本知子

続よいこの童謡続よいこの童謡
(1997/09/20)
水谷玲子大和田りつこ

CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】
(2003/09/30)
齋藤 孝


 昼食は雨降りの車中で義母が作って持たせてくれたキッシュロレーヌなどを食べたので、ようやく雨が上がった休憩所でしばし羽を伸ばす。
P1310597.jpg

 家に辿り着き遅い夕食をとりながら、クリスマスプレゼントは何が一番嬉しかったかなどと話しあう。
 突然、次郎「そういえば、サンタさん夜じゃなくて昼来ちゃったじゃない」
パパ「忙し過ぎるから、次の日でも良いかって電話が来たんだよ」
太郎「本当はサンタさんていないんだよ」
次郎「……」
パパ「サンタさんがいないってことはプレゼントはもらえないってことだね」
太郎「そんなことないよ。だって言ったじゃない、サンタさんなんていないってプレゼントの前に。でもプレゼントくれたじゃない」
 太郎はもう無邪気とは遠い年頃。

冬の歌を歌いましょう 年末・お正月に向けて、歌を追加しました。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 クリスマスの記事は追ってアップいたします。もう少々お待ちください。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 



怪しい散歩者たち


 記事が前後しますが、義父母の家でのクリスマス会の翌日のことです。


2009年12月26日 土曜日

 昼食後、腹ごなしの散歩に出かける。
 体重制限は50㎏と言われたはずだが……子供達の注文の竹馬はあまり良いものが見つからず、これは義父の手作り。
P1310549.jpg


 義兄はプレゼントにもらったカーナビを試したくていろいろやっている。操作方法が良く分からず、田舎道の真ん中で皆で頭を突き合わせていると、道にでも迷っているのかと
「何かお手伝いしましょうか?」と通りがかりの村のおばさんが御親切に申し出てくれた。
P1310554.jpg

 太郎もクリスマスプレゼントの双眼鏡と集音機であちこちを観察。
P1310558.jpg


 かすかに物音が聞こえた方向をのぞき穴から覗くとその方向からの音を集める仕組み。
P1310569.jpg


 従兄も竹馬に挑戦。さすが年の功、数歩歩けた。彼は純フランス人だが、日本式の乗り方の方がやりやすいと練習した。実は、フランスの竹馬は乗る部分を内側に向けて、土踏まずを横棒にのせるのだ!驚き!
P1310574.jpg


 家ではこちらもプレゼントのパスタマシーンの具合を早速試していた。
P1310576.jpg

 全粒粉を使ったので随分茶色い。でもコクがあり美味しかった。
P1310579.jpg


 義兄家族はまた今夜パーティがあるのでこれにてお帰り。今年はたくさん一緒に遊んだ従兄姉たちともお別れ。
P1310580.jpg


冬の歌を歌いましょう 年末・お正月に向けて、歌を追加しました。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 クリスマスの記事は追ってアップいたします。もう少々お待ちください。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 


一夜飾りを避けて


2009年12月30日 水曜日 雨

 「穴ーのあいたレンコンさん!」と、「お弁当箱の歌」を歌いながら、おせち料理や七福神の乗った宝船の塗り絵をしていた。
P1310640.jpg


 昨日、今日で5年来、10年来、20年来欲しかったものを買う。
 傘立てにする壺、揃いの平皿、スープ皿、ワイングラス、食器棚、コンポストなど。

 段ボールやプラケース20個くらいを全部開けて、ようやくしめ飾りを見つけ出して飾る。ドアの中用と外用。お供え餅を供え、その他いろいろとお正月飾りを飾ってみた。
P1310650.jpg

P1310654.jpg


P1310653.jpg


P1310655.jpg


P1310658.jpg


P1310659.jpg


冬の歌を歌いましょう 年末・お正月に向けて、歌を追加しました。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 年の瀬のお忙しい中、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 クリスマスの記事は追ってアップいたします。もう少々お待ちください。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 


今年も皆様にお世話になりました


2009年12月31日 大晦日 晴れ

 アヴィニョン時代からの友達家族が遊びに来てくれた。
 フォンデューも予定していたが、お好み蛸焼きでお腹いっぱいになってしまった。
 子供達も日本語で楽しく遊んだ。「明日も遊びに来る?」と次郎。もっとお家が近かったらいいのにね。
P1310664.jpg


P1310676.jpg


P1310678.jpg


P1310682.jpg


 夜は年越し蕎麦。今年は初めて、人参と玉ねぎの掻揚がからっと揚がり、次郎がいくつも食べていた。
P1310688.jpg


 年越し蕎麦の支度をしながら、太郎と次郎がお正月の話をかわるがわる読んでくれた。
 「貧乏神と福の神」「三郎の初夢」福娘童話集より。
 「三郎って本当に知恵のある若者だね~」と、読みながら太郎が何度も感心していた。

 年越し蕎麦を食べながら、今年の出来事を振り返り、来年も更に変化に富んだ年になりそうだから健康に気をつけて楽しく頑張ろうと話す。
 子供達はいつものように8時過ぎには就寝。


冬の歌を歌いましょう 年末・お正月に向けて、歌を追加しました。

FC2Blog Rankingヨーロッパ在住の日本人によるブログにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

 大晦日に、ご訪問、クリック応援ありがとうございました。
 クリスマスの記事アップは二年越しになってしまいます。もう少々お待ちください。
 今年も一年間、お世話になりました。いつも応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
 どうぞ皆様、くれぐれもご健康にご留意くださり、良いお年をお迎えくださいませ。
 



プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。