スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に話したいとき


 一ヶ月の日本滞在からフランスに戻った直後、太郎から嬉しい言葉を思いがけず聞いた。
 「太郎ねえ、次郎と本当に話したいときは、もう日本語でしか話せないんだよねえ」
 5歳と6歳、しかも男同士で話は尽きない。放っておけば一日中ふざけあっている。
 やっと兄弟の言語が日本語に定着したのかと大きな安堵。でも明日から新学年が始まって学校生活にどっぷり浸かると、また変わるのだろうか・・・?


 次郎の日記。
P1260669.jpg
P1260668.jpg

 太郎の日記。
P1260667.jpg
P1260666.jpg


 ここの学校は天候の悪い日は学校で上履きに履き替えるらしい。教室はピカピカにワックスのかかった板の間。そういう訳で、霧が晴れるのを待って上履きを買いに出かける。すると、昨日の次郎の「行きは良い良い帰りは・・・」が命中。折しも土砂降りで、ショッピングセンターからの家方向の出口を探して30分ほどぐるぐる同じようなところを回る。ようやく無事帰宅。

 今日は何の日?の質問に子供達はキョトン。正解を教えると「じゃあプレゼントを作るね」と張り切ってくれた。

 「シャワーを浴びて素敵な服を着るね」と私が言うと、次郎「着物を着るの?」「それもいいね」「ぼくたちは甚平を着るね」

P1260673-1.jpg

 条件反射で「茶道をしよう」と次郎。もう遅いからお茶はよした方がいいと言うと、「じゃあお菓子だけ食べうよう」とちゃっかり太郎「お菓子道をすればいいじゃん」
P1260674.jpg

P1260690.jpg 

P1260692.jpg

P1260693.jpg

P1260696.jpg

 太郎がプレゼントを読んでくれたのを聞いて「だいすきなおかあさんってかかなかった」と半べそをかきながら急いで書きくわえた次郎。
P1260698.jpg


 たかが蠅、されど蠅、ハエと戯れるアクティヴィティー様々。右はナイフで蠅を切る技。パパより伝授。その他、輪ゴム鉄砲で撃つ、ペット手乗り蠅などなど・・・
P1260701.jpg

スポンサーサイト

その日だけ大事にするの!?


2009年9月23日水曜日 霧、曇り

 朝のお仕事は、漢字の読みと国語の教科書などの音読。

 朝食を取りながら「9月は敬老の日があるから、ばあばに何かしてあげなくちゃね」と言うと、
 太郎「敬老の日ってなに?」
 「敬老の日って、歳を取った人を大事にする日」
 太郎「えっその日だけ大事にするの?人間はいつも大事にしなくちゃいけないんでしょ?」
 「そうよね、じゃあその日だけプレゼントをするってこと。だって毎日プレゼントするのは大変だからさあ」
 太郎「そうだね、それは大変だね」

 朝10時に離れた街の足の医者へ行く。予習しておいたので割とスムーズに到着。
 太郎の足は扁平ではなく、股関節が内側に向いているので外に向ける柔軟体操を毎日するように指示される。
 次郎は少し偏平足気味で足の裏の筋肉を鍛える運動を毎日するように言われる。
 足の傾きなどを機械で測り、足型を取る機械に2分じっと乗っていた。来週までに靴の中敷きを作ってくれる。
 診察料込みでそれぞれ100ユーロと130ユーロ。
 またしても若いお兄さんの先生で、子供達はふざけてばかり。先週あれほど叱ったのに。今回は先生の前でも強くしかるが、全く効き目なし。

 罰として、家に戻って、フランス語の教科書の今までのところ全部復習、今までの漢字の全部復習、掃除機かけ、食卓の掃除、おやつ、ビデオなし等々・・・
 
 太郎の音読は『聊斎志異(りょうさいしい)』より「蛇人(だじん)」理想の国語教科書
 太郎は、いつもは「これ長い」とか文句を言うのだが、今日は罰を受けているので何も言えない。読み終えてから、「はじめ見た時、ひえ~こんな長いの3時間くらいかかっちゃうと思ってたらもう終わっちゃった」と太郎。ものの10分程だったか。蛇使いと二匹の蛇の話。

 次郎の音読はシートンどうぶつ記〈7〉少年とオオヤマネコ数ページ。

 漢字カルタを持ってきてと頼んだのに、次郎が二階から百人一首を持って降りてくる。太郎対次郎で5枚ずつくらい前に並べてやるが、どうしても次郎は勝てないで泣く。
P1270402.jpg

 そこで次郎は自分が読むと言い、太郎はお母さんと勝負すると言う。
P1270403.jpg

 次郎がたどたどしく読むもので、その間にうろ覚えの下の句を思い出すことができるので、余計に私に分がある。
 太郎は「どうしてお母さんはそんなに早く取れるの?」と悔しがるので、覚えてるからと秘密を教える。今日はよほど悔しかったようで太郎は今日から百人一首に挑戦すると決意する。最近神経衰弱でいつも私を負かしていたからか。今日は4首覚えた。毎日4首覚えれば一週間で28首だから、一ヶ月弱でぜーんぶ覚えられるよ!


偉大なるお腹の皮


2009年10月1日 木曜日 晴れ

 最近の朝のお仕事
 太郎は、股関節の運動、音読「文鳥」、百人一首、中学の漢字の読み。
 次郎は、一年生の漢字の読み。ドリルを一通り終えて、詩の音読。読んだ詩に付箋を付ける。
のはらうた (1)のはらうた (1)
(1984/01)
工藤 直子



 買い物の帰りに、昨日お友達に教えてもらった隣村の生牛乳の自動販売機を発見!これで遠出をせずに、柔道の日に生牛乳を買うことができる。

 夕方
 太郎はフランス語の読みの宿題。私も読んでみる。
 ピアノ。
98部首カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 3)日本と世界の名作おはなしかるた
 ビデオ「科学らんど」「ハイジ」「働く車」

 夕飯にご飯を何度もお代わりした次郎。後でお腹を見せて、
「本当は次郎のお腹もっと大きいんだけどお腹の皮が押さえてるんだよ」

 読み聞かせ
 小さなかがくの本「おと」おと (はじめてのかがく)
 「したきりすずめ」




プロフィール

garapy

Author:garapy
日仏ダブルの男の子を育てています。
5歳と6歳半からの記録です。それ以前の記録は、リンクの♪フランスで日本語教育ママ日記を見てくださいね。

ゆっくり大きくなあれ
*script by KT*
検索フォーム
最近の記事+コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (2)
お知らせ (8)
漢字 (2)
食 (27)
読書 (21)
街 (1)
カルタ (9)
フランス (40)
日本語学習 (18)
親子でお手紙 (1)
衣 (2)
日記 (425)
子供の友達 (3)
見つけた物 (0)
動画 (11)
写真日記 (71)
住 (1)
教育方針 (6)
バイリンガルの日本語学習 (43)
Х??? (0)
バイリンガルの日本語会話 (3)
書く (3)
辞書 (1)
誕生会 (2)
アイデンティティー (3)
子供の日記 (90)
本 (2)
自作教材 (3)
登山 (13)
剣道 (12)
体力! (6)
ピアノ (0)
おうちでピアノ (1)
歌 (4)
語彙を増やす (4)
季節の行事 (58)
日本語教室 (6)
庭 (1)
カルタ遊び (1)
日本文化 (9)
国語教室教材 (3)
日本体験 (12)
国語教室 (7)
フランスの小学校 (4)
日本語教育 (1)
中学生日記 (1)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
メールフォーム
こちらに送って下さったメールはコメントとして表示されません。個人的なことなど、お気軽にお便りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。